メンズウィッグの正しい付け方と自然に見せる2つのポイント

薄毛をカバーするメンズウィッグには、いくつかの種類があります。金具式のように、一部のウィッグ製品は自分で髪の毛に取り付ける必要があります。不自然な印象になるのを避けるため、正しい付け方を守るとともに、いくつかのコツを押さえて装着しましょう。

ここでは、メンズウィッグの種類や金具式ウィッグの付け方、自然に見せるポイントをご紹介します。自分に似合うヘアスタイルを叶えるうえで、ぜひ参考にしてみてください。

今回記事を監修してくださったのは、育毛のオーソリティである井上哲夫先生です。

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫 

 

 

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)

1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究35年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

 

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

メンズウィッグの付け方の種類

シールや金具を用いたカツラの装着方法のイメージ画像

メンズウィッグは装着方法や薄毛をカバーする範囲によっていくつかの種類に分けられます。ここでは、メンズウィッグのさまざまな種類についてご紹介します。

装着方法による種類

メンズウィッグの装着方法には、金具式や貼り付け式、編み込み式などの種類があります。金具式はピンなどの金具を用いて頭部に固定するタイプで、自分自身で装着ができます。

貼り付け式は接着剤やテープで直接頭皮にウィッグを貼り付ける方式、編み込み式は地毛に特殊な糸で台座を編み込み、その上から毛材を取り付けるタイプのウィッグを指します。貼り付け式や編み込み式は自分で取り付けるのが難しいため、専門サロンで施術をして装着をする必要があります。

金具式は常に着用することを想定した商品ではなく、基本的には毎日取り外して使用します。金具で頭部に留めるため、運動時や強風に煽られたときに外れたり、位置がズレたりする恐れがある点には注意が必要でしょう。

一方、貼り付け式や編み込み式は付けっぱなしで生活することが前提で、頭部にしっかりと固定されているため、アクティブなシーンでもズレにくいというメリットがあります。こうした日常生活における使い勝手の良さから、近年は貼り付け式や編み込み式が主流です。

装着方法で考慮すべきポイントの一つに、地毛の状態があります。多くの場合はウィッグの髪と地毛が重なるところがあります。自然に見えるようにするためには、地毛がケアできていることも大切です。また、ウィッグを装着しても脱毛がなくなったわけではないため、頭皮ケアは怠らないようにしましょう。

カバー範囲による種類

メンズウィッグは、薄毛をカバーする範囲によってフルウィッグとヘアピースに分けられます。フルウィッグは頭全体を覆うタイプで、男性の場合は主に医療用として用いられます。

一方ヘアピースは、頭頂部など気になる部分だけをカバーするタイプで、メンズウィッグの多くはヘアピースに分類されます。

メンズウィッグの正しい付け方

男性がウィッグを装着するイメージ画像

ここからは、自分で付けることが可能な金具式フルウィッグの正しい付け方をご紹介します。正しい装着方法を確認して、自然な仕上がりを目指しましょう。

工程としては、以下の4つになります。

①ウィッグをブラッシングして整える
②一度ウィッグを被り、サイズを調整する
③前髪の方からウィッグを被り、前後の位置を確認する
④金具で固定する

 

まずは、装着する前にウィッグを丁寧にブラッシングして、毛流れを整えます。

次に、一度ウィッグを被った状態でアジャスターを調整して、サイズを合わせましょう。頭部に対してウィッグが大きすぎると隙間ができ、間から地毛が見えたり、ズレやすくなったりするためご注意ください。なお、サイズ調整済みのウィッグをお使いの場合は、こちらの作業は不要です。

サイズの調整ができたら、前髪のほうからウィッグを被っていきます。ズレないように前髪部分を押さえながら被りましょう。その後、襟足部分を下に引っ張り、ウィッグの前後の位置を調整します。また、もみあげ部分を持ってサイドの位置も調整します。

位置が決まったら、最後に金具で固定してください。全体的にスタイリングをしたら、ウィッグの装着が完了です。

自然に見せやすいメンズウィッグの付け方のポイント

スーツを来た男性がヘアスタイルを気にしている様子

金具式フルウィッグは、自分で着脱ができることから、薄毛を隠したいシーンで気軽に利用しやすいのが特徴です。その一方で、ウィッグを自然な印象に仕上げるには、毎日の装着でちょっとしたコツが必要となります。

メンズウィッグを付けて自然なヘアスタイルに見せるには、どんなポイントに注意すれば良いのでしょうか。髪型の仕上がりが気になる方へ向けて、コツをご紹介します。

正しい位置でウィッグを被る

メンズウィッグは、正しい位置で被ることが大切です。おでこの広さやもみあげの位置などを確認しながら、不自然にならないようにウィッグを装着してください。

よくある失敗として挙げられるのは、ウィッグがズレないように生え際よりも深く被りすぎて、おでこが狭く見えてしまうケースです。また、もみあげの位置が左右非対称になったり、ウィッグと地毛の繋がりに違和感を生じてしまったりするケースも挙げられます。

こうした不自然な見た目になるのを避けるためにも、ウィッグを装着するときは仕上がりを鏡でチェックしていただくようおすすめします。鏡で確認する際は、50~60cmほど離れて見ると不自然な部分に気が付きやすくなります。

また、合わせ鏡で後ろからもチェックすることで、全体的に違和感がないかを確認できます。

装着後はスタイリングを行う

メンズウィッグの装着後は、スタイリングを行って髪型を整えましょう。このとき、頭頂部のつむじ部分にボリュームが出るようにスタイリングをするのが、自然なヘアスタイルに見せるポイントです。つむじにボリュームが足りないと、製品が見えて不自然な印象につながってしまうこともあるからです。

ウィッグの装着後にブラッシングをして、空気を含ませるようにすると、簡単にボリュームを出すことができます。また、スタイリング剤を使って、あえて毛束感を作るのもおすすめです。自分に似合うアレンジを見つけてみましょう。

着脱の手間を省きたい人には編み込み式のメンズウィッグがおすすめ

今回は、金具式フルウィッグの正しい付け方について解説しました。金具式は自分で着脱ができるため、気軽に利用しやすいといえます。

しかし、自然な印象に仕上げるには、上記でご紹介したようなコツが必要です。また、金具式は装着力が比較的弱いため、シーンによってはウィッグのズレにも配慮しなければなりません

編み込み式増毛の装着手順のイメージイラスト

先にご紹介したように、近年は「貼り付け式」や「編み込み式」のメンズウィッグが主流です。毎日の着脱が不要で、ズレの心配が少ないのが特徴となっています。すでに金具式をお使いの方は、ご紹介した情報を参考に、ぜひほかの種類のメンズウィッグも検討してみてください。

長期にわたってウィッグを使用することを前提にしますので、できるかぎり頭皮に負担のかからない装着方法を選択することもポイントです。

 

スヴェンソンの編み込み式増毛を
チェックする

スヴェンソンの編み込み式増毛を施術した男性のビフォーアフター

※スヴェンソンの編み込み式増毛によるビフォーアフター写真

特に編み込み式のものは、24時間付けたままで過ごせるのはもちろん、装着前と同様の方法でシャンプーができることから、日常でのお手入れをしやすいのが特徴です。貼り付け式だと頭皮を洗うことができないため、衛生面や頭皮環境が気になるところになります。

外さずに取り付けたままでいられるウィッグというのは、今までの生活を変えることなく、自分らしい髪型を楽しみながらアクティブに活動したい方におすすめです。

そんな編み込み式の増毛は、「メンズスヴェンソン」をはじめとした増毛サロンで提供されています。メンズスヴェンソンは、編み込み式ウィッグに月額定額制を採用したサービスとして有名です。定額制なら、製品の修理や交換が無償となり、月々の費用が明確になります。製品の消耗を気にせず、いつでも自然な見た目を保てるのもメリットです。

編み込み式のメンズウィッグをご検討なら、まずはメンズスヴェンソンのサロンへお気軽にご相談ください。相談自体は無料で、編み込み式増毛の体験をすることもできますよ。

詳細は以下からチェック!

 

参考文献

https://www.naru-navi.com/薄毛育毛/かつらの種類.html

シェアする
いいね!1 Star 1
Loading...