バレないメンズウィッグの選び方とは?バレやすい7つのケースと対策を紹介

ITコンサルタント、まちづくりコーディネーター、行政職員等を経て独立。沖縄-神奈川の二地域居住をしながら、ライターとして活動しています。子供の頃から「毛髪が太い」「きっと将来ハゲない」と親を始めその他大人から言われてきたため、油断しヘアケアを怠ってきました。その結果、額が後退してきており、若干焦っています。

「薄毛が目立つようになってきたのでメンズウィッグを使い始めたいけど、バレないか心配……」

「男性用かつらを探しているけど、どういうものにすればいいかわからない」

「薄毛やハゲがバレない、メンズウィッグの選び方を知りたい!」

このように、薄毛を隠したい男性の方は”ウィッグを使っている” と周囲にバレたくないですよね。

この記事では、育毛分野のオーソリティである井上哲夫先生監修のもと、メンズウィッグがバレる7つのケースとバレないための対策を徹底解説。ライフスタイルや利用シーン、目的別におすすめなウィッグも紹介します。

これを読めば、自身にあったウィッグの選び方が簡単にわかりますよ。

監修者

  • 一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所
  • 所長 井上 哲夫
  • 1952年、東京生まれ
  • 東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社
  • ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所を設立
  • 育毛研究35年、専門分野に取材多数
  • 現在までに、全国各地のがん診療拠点病院及び7,000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績あり

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

ウィッグがバレる7つのケース

カツラ(ウィッグ)を手に持ったスキンヘッドの男性のイメージ画像

 メンズウィッグであることがバレやすいケースとしては、次の7つが挙げられます。

①ウィッグがズレている
②ウィッグの毛の光沢が強すぎる
③側頭部と頭頂部とで毛の太さに違いがある
④毛量が多すぎる
⑤毛色が単色である
⑥分け目やつむじに毛が詰まりすぎている
⑦ヘアスタイルが毎日同じで整いすぎている

 

上の7つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

①ウィッグがズレている

明らかにウィッグだとバレてしまう可能性が最も高いのがこのケース。入浴や水泳の時は言わずもがな、風の強い日や駅のホームで電車が来た時、走った後などは注意が必要です。ウィッグがズレたり外れたりしてしまう場合があります。

②ウィッグの毛の光沢が強すぎる

人の髪の毛には表面に凹凸があります。この毛髪の凹凸に光が乱反射することで、柔らかい自然な光沢が生まれるのですが、特に加工をしていない人工毛では、表面が一様に滑らかで凹凸が付いていないため、不自然なまでに光が強く反射してしまうのです。

特に価格の安い人工毛に多く、光り具合でウィッグだとバレてしまうこともあります。

③側頭部と頭頂部とで毛の太さに違いがある

地毛が残っている側頭部とウィッグを使っている頭頂部とで、毛の太さが違う場合にも注意が必要です。

遠目で見れば気づかれなくても、オフィスや喫茶店などでテーブルを挟んで座る程度の距離であれば、その違いからバレてしまう可能性があります。

④毛量が多すぎる

一般的に、男性は年を取れば髪の毛の量は減って薄くなっていくもの。そのため、ウィッグを使う場合でも、年齢相応の毛量になるよう調整する必要があります。

せっかくウィッグを使うので、ついつい毛量を多くしてしまう方もいるかもしれません。ですが、毛量が多すぎると頭が膨らんで見え、違和感が生じてしまい、ウィッグだとバレてしまいやすくなるのです。

⑤毛色が単色である

鏡でよく自分の髪を見てみるとわかりますが、人の髪の毛は単色ではありません。髪を染めていない日本人でも、黒、濃い褐色、褐色、白と、毛髪の色は一本一本少しずつ異なります。

特に、年を取れば次第に髪に白髪が混ざります。白髪がまったくない髪は違和感があるのです。そのため、毛色がすべて単色のウィッグでは、「ひょっとしてカツラなのかな?」と疑われてしまうかもしれません。

また毛色と同様に、人の毛髪の太さも一本一本異なります。そのため地毛では独特の質感が生まれますが、人工毛でできたウィッグでは毛髪の太さが均一であるため、不自然に見えてしまうことも。毛髪の色と同じく、太さのばらつきや全体的な質感には配慮が必要です。

⑥分け目やつむじに毛が詰まりすぎている

地毛の場合、髪の分け目やつむじからは頭皮を見ることができます。しかし、ウィッグの中には、髪の分け目やつむじに毛が詰まりすぎている製品も存在します。頭皮が自然に見えないため、ウィッグだとバレてしまうリスクが高まります。

⑦ヘアスタイルが毎日同じで整いすぎている

髪型が毎日同じで、あまりにも整いすぎている場合、「カツラを使っているのでは?」と疑われてしまうことがあります。

人の髪にはクセがあったり、毎日のコンディションで整い方が変わったりします。そのため毎日髪型が整いすぎている場合、違和感を与えてしまうのです。

また、人の毛髪は3日で1ミリ程度伸びていきます。そのため髪型は毎日微妙に変化していくのが自然です。もしも毎日同じ髪型で変化が見られない場合、ウィッグの使用を疑われる可能性があります。

バレないメンズウィッグの選び方とは

選び方に悩む男性のイメージ画像

ここまでの「ウィッグがバレる7つのケース」を踏まえて、バレにくいウィッグを選ぶには、次の5点に気をつけてください。

・ズレにくいタイプのウィッグを選ぶ
・分け目やつむじが自然に見えるタイプを選ぶ
・光沢や質感が自然なものを選ぶ
・サイズがフィットし、顔とのバランスのよいウィッグを選ぶ
・プロがおすすめする高品質な製品を選ぶ

 

それぞれのポイントについて、ここからは解説していきます。

ズレにくいタイプのウィッグを選ぶ

ウィッグの固定方法としては、大きく次の3種類があります。

・地毛とウィッグをピンで留める「着脱式(金具式)」

・接着剤や粘着テープで頭皮にウィッグを貼り付ける「貼り付け式(テープ式)」

・地毛とウィッグをかがって装着する「編み込み式」

このうち着脱式は取り外しが容易で頭髪を清潔に保ちやすい一方、強風や引っ張りに弱く、ズレやすいデメリットがあります。

そのため、特によく運動をする方やウィッグがズレないか心配な方は、着脱式よりも貼り付け式や編み込み式を選ぶとよいでしょう。

では、貼り付け式と編み込み式は、どちらを選べばよいのでしょうか。貼り付け式も編み込み式も、ともに人の力で引っ張っても簡単には外れず、ウィッグを付けたまま就寝や入浴ができ、地肌と一体化して見えるといった特徴があります。

しかし貼り付け式は、頭皮とウィッグを直に接着するため、かぶれや炎症などの頭皮トラブルを招く可能性が高いというデメリットもあります。髪がなくなっている頭皮でも、皮膚としての代謝はしているため、接着成分で密着させることは皮膚トラブル発生の可能性があります。

一方の編み込み式は、通気性に優れています。ウィッグを付けたまま頭皮まで洗うことのできる製品や、生え際のみ編み込まずに頭皮を(直接)洗うことができる方法もあります。頭皮や毛根のことを考えるなら、編み込み式のほうがおすすめです。

分け目やつむじが自然に見えるタイプを選ぶ

人工頭皮を使っているウィッグを選ぶとバレる確率を下げることができます。人工頭皮を使っているウィッグは、まるで頭皮から毛髪が生えているかのように見えます。そのため、髪の分け目やつむじを自然に見せることができるからです。

製品の価格は少々高くなりますが、ウィッグだとバレたくない方にはおすすめです。また、このタイプと状況によっては、編み込み式などの方法と組み合わせることも可能です。

光沢や質感が自然なものを選ぶ

ウィッグはできるだけ実物を見て、光沢や質感が自然かどうか確かめることをおすすめします。

メンズウィッグはインターネット通販などで安価に買うこともできますが、ネット上の写真だけでは光沢や質感を確かめるのが難しいからです。

また、ウィッグに使われている毛の種類にも注意するとよいでしょう。一般的に人工毛を使用したウィッグは毛材の太さが全て均一になるため、質感が人工的なものとなります。人毛を使っているウィッグは人工毛よりも少々高くなりがちですが、毛髪一本一本の色や太さにばらつきが生まれ、自然な光沢や質感となります。人毛は、耐久性や強度が人工毛より優れていますので、比較的長く使用することが可能なことが多いようです。

人工毛と人毛をミックスしたものもありますので、実際に様々なタイプのウィッグを見比べながら選ぶことをおすすめします。

サイズがフィットし、顔とのバランスのよいウィッグを選ぶ

自然なウィッグを選ぶ上では、地毛の色や太さ、顔の輪郭などとフィットするものを選ぶことが重要です。そのため実際に試着した上で、様々な角度からフィット感を確かめることをおすすめします。

ちなみに、最も自然でバレにくいウィッグを手に入れる方法があります。それは、既製品ではなくオーダーメイドでウィッグを作ること。少々コストは高くなりますが、世界で一つだけの、自分にピッタリなウィッグを手に入れられます。さらに、フィッティング技術も大切です。優れた技術を提供できるお店を探しましょう。

プロがおすすめする高品質な製品を選ぶ

一般的に、製品の安さを重視すると、不自然でバレやすいウィッグを選んでしまう可能性が高くなります。そのため、ご自身にあったバレにくいウィッグを手に入れるには、ウィッグの専門店や増毛サロン・スタジオなどに相談し、ヘアスタイルのプロの目線を取り入れることをおすすめします。

また、自分一人でフィット感を確認するだけではなく、第三者の視点でどう見えるかを確認しましょう。その際、ヘアスタイルのプロのアドバイスを受けることができるとより安心です。

目的別おすすめウィッグの選び方

ここまでは、バレにくいメンズウィッグの選び方について説明しました。以上を踏まえ、以下3種類のうち、どのタイプのウィッグがどんな方に向いているのかを解説していきます。

・地毛とウィッグをピンで留める「着脱式(金具式)」

・接着剤や粘着テープで頭皮にウィッグを貼り付ける「貼り付け式」

・地毛とウィッグをかがって装着する「編み込み式」

ウィッグを付けながら様々なレジャーを楽しみたい方は編み込み式

スポーツやレジャーを楽しむ男性(とその家族)のイメージ画像

編み込み式であれば、ランニングや水泳など、激しい運動をしてもウィッグが外れることはありません。

また、着脱式ではジムでの運動やゴルフの後などで、シャワーを浴びずに帰宅しなければなりません。着脱式の場合、かつらだとバレないように汗を流すことは難しいからです。

しかし、編み込み式の場合は、運動後にシャワーを浴びることが可能なので、周囲に対し自然に振る舞えるだけでなく、頭皮を常に清潔な状態に保つこともできます。

ほかにもサウナや温泉に行ったり、お子様と海で遊んだりすることに、何の心配もありません。

このように、様々なレジャーやアクティビティを楽しみたい方には、編み込み式がおすすめです。アクティブに活動すること、運動をすることは、単に健康に良いというレベルではありません。健康に生きるために必要なことです。人と座っているだけで寿命が縮むと言われています。運動を躊躇させる環境は改善すべきです。

ウィッグが外れる不安なく生活したい方も編み込み式

側頭部に手を当ててカツラ(ウィッグ)のズレを気にしている男性のイメージ画像

実際のところ、正しい使い方をしていれば、着脱式のウィッグであってもそうそうズレることはありません。ですが、「ウィッグがズレるかもしれない」という不安は、着脱式の方が感じやすいことがわかっています。

増毛メーカーのスヴェンソンが行った実験を紹介します。この実験では、編み込み式と着脱式、それぞれのウィッグを装着した状態で、最大風速15m/sという台風並みの強風を体験してもらい、その時の脳波を特殊な装置を用い専門家が分析しました。

その結果、編み込み式でも着脱式でも、ウィッグがズレることはありませんでした。しかし測定した脳波を分析した結果、着脱式よりも編み込み式の方が、ウィッグを飛ばされることへの心理的なストレスや不安が明らかに少ないことがわかったのです。

この結果からも着脱式と比べて、編み込み式はバレたり外れたりする心理的な不安なく過ごしやすいウィッグであると言えそうです。

【参考】専門家による製品徹底検証 | 特集 | 男性用ファッションウィッグ(かつら)・増毛や薄毛対策のメンズスヴェンソン

ベリーショートスタイルにしたい方は貼り付け式

ベリーショートスタイルの男性のイメージ画像

ウィッグを使用してベリーショートのヘアスタイルを実現したい場合は、貼り付け式のウィッグがおすすめです。

着脱式や編み込み式のウィッグでも、ある程度まで短髪にすることは可能です。しかし、金具を留めたり編み込んだりする部分の地毛は一定の長さが必要となります。

一方、貼り付け式は地肌にウィッグを貼り付けられるため、地毛の髪の長さに関わらず増毛することができます。

ヘアスタイルの変化を楽しみたい場合は着脱式

カツラ(ウィッグ)を活用してヘアスタイルの変化を楽しんでいる男性のイメージ画像

短髪を除き、髪型の自由度は着脱式が最も高いです。着脱式のウィッグを複数用意すればそれぞれに違うヘアスタイルを実現できるため、服を着替える感覚で様々なヘアスタイルを楽しめます。

当然周囲の人たちにはわかってしまいますが、ファッションの一部と割り切って様々な髪型を試したい方にはおすすめです。

費用を抑えたい方も着脱式

毎月の出費を家計簿に付ける様子のイメージ画像

着脱式のウィッグは、それ以外の2種類のウィッグと比べてメンテナンスのコストが低めです。できるだけ費用を抑えたい方は、まず着脱式を検討するとよいでしょう。

なお、ウィッグは種類に関わらず消耗品であり、例えば着脱式ウィッグなら数年に一度は買い換えることになります。継続してウィッグを使っていきたい方や、ランニングコストを明確にしたいという方には、毎月定額制のウィッグサービスがおすすめです。

↓定額制のウィッグサービス、スヴェンソンの詳細はコチラから↓

快適に使用したい方は通気性よく肌にやさしいタイプを

ここまでは、利用の目的やライフスタイル別におすすめの装着方法のウィッグを紹介してきました。

ウィッグは長い時間ご自身の頭皮に触れるもの。ですので、通気性や地肌へのやさしさでウィッグのタイプを選ぶことも大切です。

タイプによって通気性や快適さが異なる

貼り付け式のカツラは、接着剤を使って貼り付けるタイプ、テープを使って貼り付けるタイプなど、様々な接着方法があります。しかし、いずれの方法でも基本的に頭皮とウィッグが一度接着されると、メンテナンス時までウィッグを外せません(小範囲の部分ウィッグを除く)。そのため通気性は悪く、頭皮や毛根へのダメージが懸念されます。

一方着脱式や編み込み式では、カツラの土台の素材や構造によっても異なりますが、一般的に貼り付け式よりも通気性に優れています。たとえばスヴェンソンのウィッグであれば、下地がメッシュやネットのような構造になっています。そのため通気性が高く、洗髪時に頭皮を洗うことも可能です。

スヴェンソンの編み込み式増毛「メッシュスタイル」のネット構造を表した概念図

スヴェンソンのメッシュスタイルウィッグ(概念図)

また着脱式のウィッグでは、固定のために留め具を使います。この留め具の素材には、金属製ではなく樹脂製のものもありますので、金属アレルギーの方が着脱式のウィッグを使う場合には、樹脂製のものを選ぶとよいでしょう。

このように、ウィッグの構造や素材によっても通気性や快適さが異なります。

タイプ別快適さ比較表

ウィッグの種類別に通気性や快適さ、使用感等に関する比較表を整理しました。ウィッグ選びの参考にしてみてください。

ウィッグの種類 自分での着脱 頭皮の洗浄の可否 通気性の良さ 密着感 炎症・かぶれリスクの低さ 頭皮・毛髪へのやさしさ 注意
貼り付け式(シートタイプ) 自分で外せない
着脱式(メッシュタイプ) 金属製留め具 取り外しでき頭皮を清潔に保てるが、留め具の箇所の毛髪が痛む場合がある。
金属アレルギーを起こすリスクも。
樹脂製留め具 取り外しでき頭皮を清潔に保てるが、留め具の箇所の毛髪が痛む場合がある。
留め具が樹脂製のため、金属アレルギーは起こさない。
編み込み式(メッシュタイプ) 技術者にかがってもらうため、自身で取り外しはできない(ただし、生え際のみテープで着脱できる方法もある)
地毛と同様に洗髪で頭皮を洗浄できる。

※表は横スクロール可能です。

バレないウィッグを選ぶならプロに相談を

ウィッグのプロに相談している男性のイメージ画像

この記事では、ウィッグだとバレてしまうケースを踏まえて、バレにくいメンズウィッグの選び方や、利用シーン・ライフスタイル別におすすめのウィッグについて解説しました。

自分にあったウィッグを選ぶことができれば、ウィッグがバレるリスクはそう高くはありません。着脱式のウィッグであっても、強風下でズレなかったという実験結果もありますが、風でウィッグが浮いてしまう感覚などで「ウィッグがズレてしまわないだろうか……」と心配になることがストレスになることでしょう。

ご自分にあったウィッグを選ぶには、ウィッグ専門店や増毛サロン・増毛スタジオなど、ウィッグのプロへ相談することが有効です。プロに相談すれば、予算の範囲内で自分にあった増毛法や購入後も自然に使い続ける方法など、豊富な経験を元にアドバイスをもらうことができます。

また、会社によっては無料の増毛体験を提供しているところもあります。

たとえば、スヴェンソンでは、「編み込み式増毛法」の無料お試し体験サービスを提供しています。

スヴェンソンの「編み込み式増毛」を装着した男性のビフォーアフター画像

※スヴェンソンの「編み込み式増毛」によるビフォーアフター

月々に掛かる費用が明確で、かつ自然なヘアスタイルを楽しめるスヴェンソンのサービスは押し売りもなく安心して通うことが可能です。

ウィッグが自分のライフスタイルにマッチするか確かめた上でスタートできますので、ぜひお試しくださいね。

 

参考文献

https://wig-dazzle.com/2018/07/27/barenai-wig/
https://ladys.svenson.co.jp/trivia/wig-shizen/
https://xn--u8j7b0f.biz/?page_id=2599
https://kamiterrace.jp/magazine/mens-wig/
https://www.prisila.jp/column/%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%A7%E3%82%82%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9/62
https://ilovewig.jp/alopecia-column-synthetic-hair
https://www.sophian.jp/column/fullwig-material.html
https://ilovewig.jp/parts-skin
https://www.carewig.com/info/column14.html

シェアする
いいね!1 Star 1
Loading...