はげの悩みを改善する方法は?早期発見・対処で薄毛の拡大防止をしよう

薄毛改善のポイントは、「早期発見」と「対策」に尽きます。シャンプー後、多量の毛髪が排水溝に詰まっていたり、頭頂部や生え際のボリュームが減っていたりする場合、薄毛が進行しているかもしれません。「これって、はげる前兆……?」と思ったら、早い段階で手を打ちましょう。

今回は、育毛のオーソリティである井上先生監修のもと、薄毛が進行中の方に見られる「はげの前兆」の特徴や、そんな方の悩みを改善するさまざまな方法をご紹介します。

国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫                 

国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)

1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究25年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

 

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

はげの前兆と言える3つのポイント

髪のボリュームを気にする男性画像

シャンプー時に抜け毛が増えていたり、頭皮やおでこが透けて見えていたりする場合、薄毛の進行が考えられます。ここでは、「はげの前兆」ともいえる頭皮・毛髪関連の症状について、注目すべき3つのポイントをご紹介します。

抜け毛が増える

「最近、抜け毛が増えてきた……」と感じるなら、薄毛を警戒しましょう。成人している日本人には約10万本の髪の毛が生えていると言われており、1日あたり通常50本から100本程度の毛髪が自然脱毛します。しかし、髪が抜けて生えてを繰り返すヘアサイクル(毛周期)が乱れると、自然脱毛の範囲を超えてより多くの髪が脱落します。シャンプー時には半分の25本~50本が抜けるといわれていますが、とりわけシャンプー後の排水口に抜け毛が詰まるようになったり、枕に多量の抜け毛が付着したりする場合は注意が必要です。

髪が細くなる

前よりも髪が細くなったと感じたら、薄毛の可能性があります。これは男性・女性問わず、ヘアサイクルが関係しています。

ヘアサイクルとは、成長期・退行期・休止期といった3つの期間から成る毛の周期のこと。成長期は、毛母細胞が分裂し、新しい髪が生まれて育つ期間です。そして髪の成長が徐々に止まる退行期、完全に止まって脱落する休止期へと進み、再度成長期が始まります。髪は一生涯において、このサイクルを15~20回ほど繰り返すといわれています。

髪の毛の正常なサイクルと移譲なサイクルの比較イメージ図

ここで重要なのが成長期です。ヘアサイクルにおける成長期は、通常2~6年ほど継続します。一方、ホルモンバランスの乱れによって成長期が短縮されると、髪は十分に育ち切る前に脱落してしまいます。つまり、早い段階で退行期・休止期へと進み、細く短い髪のみが残ってしまうのです。明らかに髪のボリュームが減ったり、ヘアスタイルが決まりづらくなったりしたら、薄毛の進行が懸念されます。なお、マイクロスコープで観察してみると、太い髪の中に産毛状の細い髪が多くなっているのがわかります。

おでこや頭皮が透けて見える

薄毛がある程度進行すると、おでこや頭皮が透けて見えます。とりわけつむじや額の生え際は、薄毛が進行しやすい箇所です。髪のボリュームが減った、髪質が徐々に細くなったと感じたら、これらの箇所の見え方を自分で確認してみましょう。たとえば、前髪が後退していないか、生え際が割れていないか、などを細かくチェックしてみてください。

はげの悩みを改善する4つの方法:セルフケア

頭皮マッサージを行う男性画像

はげの悩みを改善するには、まず自宅でできる髪や頭皮のセルフケアから試してみましょう。薄毛症状が深刻化する前に、以下の対策を講じるようおすすめします。

髪型を変えて目立たなくする

もっとも手軽にできる対策は、髪型の変更です。髪の分け目を変えるだけでも、薄毛が目立ちにくくなります。一方で、薄毛を隠そうと長髪にしたり、別の部分から強引に髪を持ってきたりすると、不自然な仕上がりになるため注意してください。薄毛対策の観点では、毛量にメリハリのある髪型が有効です

おすすめの髪型は、オールバックです。前髪を思い切り上げて、トップにボリュームを持たせて生え際の薄毛を隠します。また近年は、サイドを刈り上げるツーブロックも人気です。刈り上げた箇所との錯視効果により、頭頂部の薄毛が目立ちにくくなります。

生活習慣を変える

薄毛の原因のひとつに、生活習慣の乱れがあります。とりわけ睡眠は、髪の発育を左右する要因です。慢性的な寝不足に陥っている方は注意しましょう。人間の体では、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」の働きによって、健康的な髪が育まれています。睡眠の質が良くないと、成長ホルモンの分泌が低下して、髪が育ちにくくなってしまいます。成長ホルモンの分泌のためには、寝不足だけでなく夜更かしも控えてください。

また、薄毛と関係する生活習慣が喫煙です。タバコに含まれるニコチンには、血行不良の原因となる血管収縮作用があります。これにより、髪の成長に欠かせない酸素や栄養素が、頭皮まで行き届きにくくなります。薄毛が気になる方は、禁煙も検討してみましょう。このほかに、食事における栄養バランスの偏り・運動不足・ストレスの蓄積なども、薄毛の原因となる可能性があります。

頭皮マッサージを行う

頭皮のセルフマッサージにより血行を促進し、髪の成長に必要な酸素や栄養素をしっかりと巡らせることも大切です。ポイントは、両手の指の腹を使い、頭皮を動かすように揉みほぐすことです。その際、爪を立てると頭皮を傷つけるおそれがあるため、当たらないように気をつけましょう。また、頭頂部に向かって揉み上げるようにしてマッサージすることもコツです。

発毛剤・育毛剤を使用する

育毛剤・発毛剤を手に取る男性画像

薄毛対策において、発毛剤・育毛剤を使う方法もあります。まずは発毛剤と育毛剤の違いを確認しておきましょう。

発毛剤とは、「ミノキシジル」をはじめとする発毛成分を含んだ医薬品を指します。文字通り「髪を生やすため」の薬であり、ヘアサイクルを正常化して発毛を促します。また、発毛剤はAGA(男性型脱毛症)や壮年生脱毛症などの治療にも使われます。20代後半~30代以降の男性は、加齢にともない発症リスクが高まるため注意しましょう。

一方の育毛剤は、現在生えている髪の健康や健やかな頭皮環境を保つ医薬部外品です。発毛剤とは異なり、髪の毛を生やす効果は期待できませんが、太くてコシのある髪を育む役割があります。現状の頭皮や頭髪にアプローチする際は、育毛剤を使用するのが一般的です。

はげの悩みを改善する方法:薄毛治療

クリニックで相談する男性画像

本格的に薄毛が進行している場合、自分で行うヘアケアだけでは対処できないことも。必要に応じて薄毛治療も検討してみましょう。ここでは、はげの悩みを改善する3種類の薄毛治療についてご紹介します。

薬物治療

主にAGAの方が受ける治療です。「プロペシア(有効成分:フィナステリド)」や「ザガーロ(有効成分:デュタステリド)」などの内服薬を服用し、原因物質の抑制および効果的な発毛を目指します。薬物治療については、AGAの発症メカニズムを理解することが大切です。

AGAは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが起因となる脱毛症です。テストステロンが「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」という酵素と結びつき、体内で「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わります。これが毛包の「アンドロゲンレセプター」と結合し、頭皮のヘアサイクルを乱します。プロペシアなどのAGA治療薬は、原因物質である5αリダクターゼの働きを阻害し、薄毛の進行を防ぎます。加えて、ミノキシジルなどの外用薬を頭皮に塗布し、髪の発毛を促すのが一般的です。

薬物治療は原則、AGAなどの脱毛症の方に行われます。治療薬には即効性がなく、効果を実感するまでに半年~1年以上はかかるといわれます。また、AGAは進行型の脱毛症であり、治療では薬の継続服用を前提としています。効果を維持するには、薬を服用し続ける必要があることに留意しましょう。

自毛植毛

自毛植毛とは、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の皮膚組織を採取し、前頭部などの薄毛箇所に移植する手術です。自身の皮膚組織を移植するため、副作用やアレルギー反応のリスクが少ないといわれます。手術には、皮膚組織を1株ずつ採取する「FUE法」、頭皮を帯状に切除した後、1株ずつカットする「FUSS法」などの植毛方法があります。

自毛植毛は、副作用のリスクから投薬治療を敬遠する方に選ばれているようです。しかし、ヘアサイクルの関係から、発毛までに半年~1年以上の期間を要するのは、投薬治療と変わりません。さらに自毛植毛の手術費用は保険が適用されず、高額になりやすいといえます。

増毛

増毛とは、頭皮や地毛に毛材を取り付け、髪を増やす方法です。髪に毛材を直接結びつける「結毛式」、頭皮に毛材を植えたシートを貼る「貼り付け(テープ)式」、特殊な糸でつくった土台に毛材を結びつける「編み込み式」、ウィッグ製品を金具で取り付ける「金具式」といったタイプがあります。

増毛のメリットは、短期間で確実に薄毛を改善できることです。さらに部分的な増毛や広範囲にわたる増毛など、さまざまな状態の薄毛を理想の形でカバーできます。投薬治療や自毛植毛のような副作用の心配がなく、施術後はすぐに普段通りの生活を送っていただけます。どんな増毛方法であっても、自然な仕上がりを保つためには定期的なメンテナンスが必要です。また自然な仕上がりとともに、長時間頭皮に密着させて皮膚呼吸を妨げてしまうような状況を作らない=頭皮に負担をかけないことも重要です。

はげの悩みを解消して、理想の自分に近づきましょう

薄毛が改善され明るい気持ちで過ごす男性画像

はげの悩みを解消するうえで大切なのは、自分に合った薄毛予防・改善方法を選ぶことです。薄毛の改善はゴールではなく、理想の自分に近づくためのスタートと捉えましょう。薄毛の悩みを早めに解消して実現したいことがある方には、即効性のある「増毛」がおすすめです。施術当日に変化を実感できるだけでなく、さまざまな薄毛の状態をカバーできるのも、増毛ならではのメリットといえます。

スヴェンソン式増毛方のビフォーアフター

増毛サービスを扱う専門業者のなかでも、施術前と同じように過ごしたい方におすすめなのは「スヴェンソン」です。スヴェンソンの編み込み式増毛なら、定期メンテナンス以外は24時間着脱不要です。実際にどのような生活になるのか、最大で2週間、無料でお試しすることもできます。

上記写真はスヴェンソンの増毛によるビフォーアフターですが、まるで地毛のように、お好みのヘアスタイルが楽しめます。短期間で理想の自分を手に入れたいときは、ぜひ増毛サービスをご検討ください。

 

参考文献

https://ai-med.jp/contents/aga/article-10/
https://www.do-s.ne.jp/hair_knowledge/?p=310
https://eral.co.jp/labo/hair.html
https://noir-omiya-aga.com/aga/symptom/knowledge/thinninghair_countermeasures/
https://shinwa-shinjuku.jp/transplant/
https://www.osaka-clinic.com/genetic/
https://scalp-d.angfa-store.jp/column/difference/

シェアする
いいね!1 Star 1
Loading...