薄毛の3つのタイプと対処方法~現状を把握して適切に改善を~

多くの方を悩ませる「AGA(男性型脱毛症)」の症状。AGAは発症後、「M字タイプ」「O字タイプ」「U字タイプ」といった主に3つの種類に分かれ、徐々に薄毛が進行していきます。そこで大切なのは、薄毛の各タイプの特徴と適切な対処法を知っておくことです。今現在、薄毛にお悩みの方は、ご自身がどのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。

今回は、育毛のオーソリティである井上先生監修のもと、AGAを起因とする薄毛のタイプの特徴と、効果的な対処法についてご紹介します。

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長 井上哲夫

 

一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所 所長
井上哲夫(いのうえ てつお)

1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所を設立。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のがん診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。 育毛研究35年・専門分野に取材多数。
https://www.irihass.com/

 

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

薄毛をセルフチェックする方法

薄毛のタイプに疑問を持っている男性のイラスト

まずは自身の頭皮・毛髪の状態をもとに、薄毛のセルフチェックを行いましょう。以下、心当たりのある項目がないか確認してみてください。

・シャンプー時の抜け毛が増えた
・朝起きると枕に抜け毛が多く付いている
・髪の毛が細くなった
・髪の毛のボリュームが減り、ヘアセットがしにくくなった
・フケが増えた
・頭皮にかゆみがある
・額の生え際が後退したように感じる
・頭頂部の頭皮が透けて見える
・家族や親族に薄毛の人がいる

 

複数当てはまる場合、すでに薄毛が進んでいる可能性があります。薄毛の原因はさまざまで、AGA(男性型脱毛症)や壮年性脱毛症のほか、生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレスの蓄積などが挙げられます。いずれの要因にせよ、早い段階で薄毛対策を視野に入れましょう

薄毛の3つのタイプ

薄毛の3タイプ、M・U・Oのイメージ画像

薄毛には「M字タイプ」「O字タイプ」「U字タイプ」といった3つの種類があり、それぞれ頭髪を上から見たときの形に由来しています。なかには複数のタイプが併発するケースもあるため注意が必要です。ここでは、各タイプの特徴について、AGAの進行パターンを示す「ハミルトン・ノーウッド分類※」を元にご紹介します。

※ハミルトン・ノーウッド分類:AGAの進行パターン(進行度合い)を12段階で示す分類表のこと

M字タイプ

M字タイプは、額の生え際(前頭部)から薄くなっていくのが特徴的です。頭髪を正面から見た際、生え際がM字の形に見えるため、このように呼ばれています。

「ハミルトン・ノーウッド分類」においては、I型・II型・III型に分類されます。AGAの初期症状では、M字タイプの進行パターンが多く見られます

O字タイプ

つむじの周囲が脱毛し、O字の形に見えるタイプです。自分では見えない頭頂部~後頭部から薄毛が拡大するため、家族や友人に指摘されて発覚することもあります。

「ハミルトン・ノーウッド分類」では、IIVertex型・IIIVertex型IV型・V型に相当します。なお、IIVertex型およびIIIVertexは、生え際からの進行とともに、頭頂部がO型に脱毛する併発タイプです。

U字タイプ

U字タイプは、生え際と頭頂部~後頭部の薄毛が繋がったタイプです。頭部を正面や上から見た際、U字の形に見えるためこのように呼ばれます。

「ハミルトン・ノーウッド分類」ではVI型VII型にあたり、後頭部・側頭部の髪のみが残った状態です。さらに進行すると、後頭部・側頭部の髪も脱落し、頭頂部付近はほとんど発毛しなくなります

【タイプ別】薄毛の対処方法

男性が薄毛のセルフケアをしている様子

薄毛にはさまざまなタイプがあり、適切な対処方法が異なります。ここでは、M字タイプ・O字タイプ・U字タイプにおける薄毛の対処法をご説明します。

M字タイプ

「ハミルトン・ノーウッド分類」からわかる通り、比較的軽度な薄毛症状です。セルフケアで薄毛の進行を遅らせつつ、髪型を変えて薄毛箇所をカモフラージュする方法があります。より自然にカバーしたいなら、増毛の施術も視野に入れましょう。

M字タイプに似合う髪型としては、サイドを刈り上げるツーブロックや、前髪を上げてトップにボリュームを持たせるオールバックなどがあります。輪郭や頭の形によって似合う髪型は異なるため、詳しくはスタイリストにご相談ください。

一般的な美容室で相談しづらいなら、男性専門のヘアサロンを利用すると安心です。たとえば、スヴェンソンが運営する薄毛専門美容室のように、男性スタッフが対応するため気軽に相談しやすく、薄毛に特化したカット技術を兼ね備えたサロンもあります

また、軽度な薄毛であっても放置せず、進行を遅らせるセルフケアに取り組みましょう。基本的には、育毛剤や育毛シャンプーなどを活用したり、食生活を見直して栄養バランスを整えたりする対策を続けます。

意識的にストレスをケアすることや頭皮マッサージで血行を促進することも大切です。血液の循環が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が頭皮に行き渡りにくくなるおそれがあります。これらの対策はM字タイプのみならず、O字タイプやU字タイプに対してもいえることです。薄毛対策の基本として押さえておきましょう。

以下の記事では、おすすめの抜け毛予防策などをご紹介しています。合わせてご覧ください。

O字タイプ

O字タイプでは、薄毛症状が比較的進行しています。頭頂部~後頭部は血行が悪化しやすく、頭皮マッサージによる血行促進で進行を遅らせる方法もありますが、セルフケアでは改善が期待できないことも。

医療機関で時間をかけてAGA治療を続けるか即効性が期待できる増毛で改善を図ることになるでしょう。薄毛箇所がそれほど拡大していない場合は、ピンポイントな部分増毛でも対処できる可能性があります。

U字タイプ

もっとも薄毛症状が深刻化しているタイプです。状況によっては、「プロペシア(有効成分:フィナステリド)」などの内服薬、「ミノキシジル」などの外用薬を用いたAGA治療や、自毛植毛でさえ改善が見込めない場合があります。

薄毛が広範囲に拡大している場合は、幅広いケースに対応しやすい増毛がおすすめです。地毛が少ない場合は、ウイッグ増毛やエクステによる部分増毛などで薄毛部分をカバーできます。

総じてAGAに症状がある方の頭皮は、脂っぽい(必要以上の皮脂の過多)ことが多いようです。頭皮の汚れと共に、余分な皮脂をしっかり洗い取ることを心がけていきましょう。

薄毛のタイプを把握して、効果的な対処法を選びましょう

男性が自身の薄毛タイプについて考えているイラスト

薄毛にはさまざまなタイプがあり、進行パターンに応じて効果的な対処法が異なります。短期間で幅広いタイプの薄毛をカバーしやすいのは増毛です

M字タイプやO字タイプには地毛を活かす部分的なエクステ増毛、U字タイプには広範囲に対応するウイッグ増毛が適しています。

スヴェンソンのウイッグ増毛によるビフォーアフター

スヴェンソンのウィッグ増毛を施術した男性のビフォーアフター

スヴェンソンのエクステ増毛によるビフォーアフター

スヴェンソンのエクステ増毛を施術した男性のビフォーアフター

各増毛サービスは、スヴェンソンをはじめとする増毛サロンでご利用いただけます。ご自身のタイプに応じた対処法をお選びください。

スヴェンソンは相談するのに、お金は掛かりません。WEBカタログをダウンロードしたり、資料請求することも可能です。詳しくは以下からご確認ください。

 

参考文献

https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/aga/self-check/
https://www.ilandtower-cl.com/column/1019/
https://ai-med.jp/contents/aga/article-8/
https://agahairclinic.or.jp/aga/
https://gentosha-go.com/articles/-/22862
https://529270.com/stress.html
https://agacare.clinic/official/column/effect/909/
https://aga.plus/articles/149

シェアする
いいね!1 Star 1
Loading...