薄毛の自分が許せない。増毛は「確固たる理想の自分」を叶える手段として

株式会社スヴェンソン所属。毛髪技能士の資格を有する、髪のプロで構成された編集スタッフ。髪コトを通して、皆さまが抱える髪の悩みや不安、疑問を少しでも解決できるよう、分かりやすく情報を届けていくことを心掛けています。

現在39歳の男性。昔から「かっこいい大人」に憧れを持っていた。自分もその部類に入りたい!いや、入るぞ!と思っていたのに、33歳でその理想が一度崩れることになった。

その理由は、薄毛。

それから彼は増毛という手段を選び、「今のカツラに出会えたのは、運命だと思う」と語る。薄毛に対する過去の苦悩、そして、彼をそこまで言わせるほどのカツラとは一体?

薄毛はファッションにも印象にも、自分の信念にも悪い影響が…

髪の毛引っ張る

僕は25歳の時から、なんとなく自分が薄毛だという意識を持っていた。当時はまだ、自分の髪の毛に違和感がある程度だったものの、33歳で周りから指摘されるようになったのだ。特に、父親から「薄くなってきたな」と面白おかしく言われた時はだいぶショックだった。

確かに、髪の毛をセットするために鏡を見ると前髪や後頭部が特に薄い。薄毛のせいで、かっこいい髪形がなかなかできない。髪の毛を伸ばして分け目を変えてみたりもしたが、隠し切れない状態まで薄くなってしまった。

「薄毛でもいいや」と考える人は、たくさんいると思う。だが、僕は違う。髪の毛はファッションにも影響するし、印象も変わる。「薄毛の自分」がどうしても許せなかったのだ。自分が格好良くい続けるということは、僕の信念だった。

若く見られたいし、女性からも男性からも格好良いとと思われたい。昔から、顔や体形、髪型などもある程度「自分はこうじゃなきゃいけない」というイメージがあり、それを実現し続けたいという気持ちが強かった。

自分の理想を叶えるために、結毛に挑戦してみたけれど

スーツ男性

なぜここまで外見が気になるのか。それは恐らく、自分がナイーブで繊細な性格をしているからだろう。格好良いミュージシャンや俳優に憧れているというのも、間違いなくある。

自分も「イケメン」や「モテる」部類でい続けたいと思っていた。単純な話、太りたくなければハゲにもなりたくない…ということ。ダサい大人になることが、自分にとって一番の恐怖だったのだ。

だからこそ、薄毛が進行して我慢できなくなった時、僕は増毛を決心した。当時試したのは、地毛に毛束を結び付ける結毛という増毛法。残念ながら、納得のいく髪型にはならなかった。人工毛のため、髪の毛が固くてしならない。更に、僕の細い髪の毛に編み込むと、そのコントラストがはっきりと出てしまったのだ。

加えて、思ったよりも頭皮の透け感をカバーしきれていなかった。一時期、結毛と一緒にふりかけを使い、その透けている頭皮を隠していたこともある。しかし仕事柄、高速バスで長時間移動する機会が多く、シートに頭をつけられないのが非常に不便でストレスだった。

そんな中、とうとうスタッフの方からは「結毛しても、イメージしているような髪型にはならないと思います」と言われてしまった。

あるメーカーとの出会い。増毛して生まれ変わった気がしたあの瞬間

男性バック

「どこか別のメーカーに相談してみたいな…」そう悩んでいる時に、ふと昔、仕事で営業に行ったことのある増毛メーカーを思い出した。これは縁かもしれないと思った僕は、そのメーカーのホームページで資料請求をして、相談しに行ったのだ。

スタッフの人柄も良く、ここでならカツラで増毛してみてもいいかもしれないと思った。そして、いざ増毛してみると、使い勝手の良さや見た目の変化にとても驚いた。

これは物凄く良い。まるで生まれ変わったような気がした。そのまま小学校以来の親戚に会ったのだが、髪の毛を気にすることなく普通に振舞うことができた。

このカツラは、地毛とカツラを編み込むという増毛法。自分が理想としていた毛量を実現できたというのも、僕にとっては大きなメリットだった。増毛メーカーは料金が不透明な中、このメーカーは明朗会計。カツラのメンテナンスもやってもらえるため、「めちゃくちゃ親切優良企業だな」と思った。

「昔と同じ見た目の感覚」でいられることへの喜びとは

木三つ

ちなみに、増毛したことは母親や身内以外の人には言っていない。

20代の頃から仲の良い仕事仲間からは気づかれたが、「増毛した違和感がない。良いじゃん、全く分からないよ!」と言われた。それ以来、会話中に僕の頭を見てくるが…それも、僕と彼のお決まりのコミュニケーションみたいなものだろう。

この編み込むタイプのカツラに切り替えてから4年ほど経つが、今でも愛用している。若かった頃、髪型に満足していた時と同じ感覚でいられることがすごく幸せだ。

結局、人は見た目で判断する。髪の毛があることが標準だからこそ、髪の毛が薄いと「薄毛の人」と思われてしまい、会話をしている時も頭に目が向けられる。正直、僕にとってはそれだけでもしんどく、ストレスだ。増毛してからそのような悩みが一気に解消されたのは、すごく大きい。

僕にとって増毛は、「確固たる自分」という理想を叶えて維持するためのもの。まるで魔法にかけられているかのような感覚でもある。だからこそ、増毛をして本当に良かったと思う。

もしかしたら、他社でも満足できる製品に出会っていたかもしれない。だが、そもそもそう考える必要がないくらい、僕は今、満足できるメーカーに背を預けられている。


この物語に出てくる「編み込み式の増毛」はスヴェンソン。詳細は以下リンクからご覧ください。まずは気軽に無料体験!納得してから始められます。


 

シェアする
いいね!1 Star 0
Loading...