髪を、活かそう。スヴェンソン

11 やくみつる「秘境探検記 スヴァールバル諸島」

お問合せ番号1811

人間の定住地としては地球最北の地
やくみつるさんの「秘境探検記04」
ノルウェー・スヴァールバル諸島を行く

スヴェンソン式増毛法なら氷河颪(おろし)も問題なし

やくみつる
漫画家/コメンテーター

〈プロフィール〉

生年月日 1959年3月12日
経歴 桐蔭学園中学校、桐蔭学園高校、早稲田大学商学部卒業後、漫画家となる。
受賞歴 第42回文芸春秋漫画賞(1996年)
増毛歴 2011年よりスヴェンソン式増毛法ご愛用

ノルウェー・スヴァールバル諸島を行く

 かねがねスヴァールバル諸島が気になっていた。ノルウェー本土のはるか北方、人間の定住地としては地球最北の地。地球儀で見ればほとんど北極の留め金の位置にそれはある。

  • 氷河が海に落ち込む。

 かつては盛んに石炭を採掘し栄えたようだが、ご多分に洩れずそれは斜陽化。それから後はただただ荒廃した極北の島々。どんなにか淋しい土地だろうかと想像していたが―――行ってみたら全然違った。出かけたのは6月。極端に高緯度の地域では夏場、太陽が沈まない。というか、傾きもしない。ほぼ同じ高さを保ちながら、地平と平行移動する。一日、日が煌々と差すため、そもそも暗いイメージはみじんもない。人口の大半が集中するスピッツベルゲン島のロングイヤービエン(といっても人口2千人ほど)には、欧州各地から航空機や大型客船でドッと観光客が押し寄せるので、たいそうな賑わいとなる。

  • 北緯79度 スピッツベルゲン島 ニーオーレスンに建つ極地探検家アムンゼン像。

 お目当てはそこを拠点に行われるクルーズで、諸島のあちこちを覆う大小の氷河が海に落ち込む絶景を眺めたり、海氷上のホッキョクグマをはじめとする野生動物の観察。さらにはゾディアックボートで上陸しての散策なども楽しむことができる。
 諸島の南西沖まで暖流が北上しているため、夏の気候は緯度の割に温暖で、概ねヒト桁台。フリースにダウンジャケットでは少々汗ばむほどで、まぁ、東京の冬とさして変わりない。北緯80度とは思えぬ「快適」さだ。

  • アザラシを捕食中のホッキョクグマ。なかなかお目にかかれぬ光景。/ゾディアックボートで氷海を行く。向かい風もなんのその!

 またスヴァールバル諸島はノルウェー本土とは別の税制が敷かれ、労働ビザも不要なため、住民も移民が多い。ロシアや北欧各地、近年はタイから移り住む人も目立つとか。なので同じ極北のグリーンランドあたりに保たれる独自の食文化はほとんど見られず、せいぜいがトナカイのハンバーガーくらい。今回のロングイヤービエンでの私のランチなど、ピザで済ませてしまったほどだ。

  • 今回乗船したアルバトロス号。乗客定員200名ほどの中型船。

  今回のクルージングは乗客数200人弱の中型船で、北極と南極を航行できるよう砕氷船仕様。豪華客船ほどではないものの、ホスピタリティーはまったく見劣りしない。その船で一週間ほどスピッツベルゲン島の複雑に入り組んだ西岸を巡る。(ほかの海域は下記でも結氷しているため、この船でも航行不能)就寝時間帯でもホッキョクグマが出現すれば、船内放送でたたき起こしてくれ、まさに至れり尽くせりの極北クルーズ。
 もちろん、氷河颪はそれなりに吹くが、スヴェンソンのおかげで気にもならなかった次第。