あなたの髪に、自然でカッコいいをずっと。スヴェンソン

04 やくみつる「秘境探検記-BELIZE-」

お問合せ番号777

人生を楽しみ抜こう
やくみつるさんの「秘境探検記」
“頭上”を気にせず行動範囲が広げられる増毛

スヴェンソンの生活実践力を超えた実力の証明!

やくみつる
漫画家/コメンテーター

〈プロフィール〉

生年月日 1959年3月12日
経歴 桐蔭学園中学校、桐蔭学園高校、早稲田大学商学部卒業後、漫画家となる。
受賞歴 第42回文芸春秋漫画賞(1996年)
増毛歴 2011年よりスヴェンソン式増毛法ご愛用

秘境探検記-BELIZE-

なにしろヤヤコシイところが好きで、漫画の締切りやテレビ出演の間隙を縫ってしょっちゅう“逃亡”を企てる。昨夏はかねてより狙っていた中米ベリーズへ。
ベリーズと聞かれてもピンとこないかもしれませんが、メキシコの東に位置するカリブ海に面した小国。沿岸には世界有数の珊瑚礁もひろがり、世界自然遺産にも指定されています。熱帯雨林に覆われた内陸部には、古代マヤ文明のピラミッドも多く遺っており、日本ではあまり馴染みがありませんが、観光資源に事欠かない、アトラクション満載の国なんですね。

中でも特徴的なのは、大規模な鍾乳洞群。そのいくつかは実際に中に入れるようになっている。真っ暗な中、ヘッドランプを頼りに、ボートを漕いでゆく洞窟もあれば、顎まで水に浸かりながら、洞内奥深くへ進む鍾乳洞も。映画「インディ―ジョーンズ」の世界さながらのアドベンチャー感、半端ありません。
頭上からはそこここに鍾乳石が突き出ていますから、ヘルメットは必須。実はこれが、男性用ウィッグ着用組には懸念材料なんですね。被ったはいいが、はずす際、引っ張られて一緒に取れちゃったら、とか。そこへいくと編み込み式のスヴェンソンであれば、そんな事態も気にする必要ありません。足の着かぬ深みなど泳いで渡る箇所もありますが、そこもフツーに行けます。

“頭上”を気にせず行動範囲を広げられるというのは、ありがたいことです。もちろん見た目だけでなく、好奇心を満たそうと動くことは、気持ちの張りや余裕にもつながりますしね。
人生を楽しみ抜こうと思ったら、スヴェ(相方のように、こう呼んでいる)とはどこまでも一緒です。