髪の分け目で目立つハゲの原因は何!?男女別の対処法を解説

ウェブメディアのディレクター兼ライターとして活動しています。小さい頃からサラサラ直毛に憧れはありますが、自分のくせ毛も嫌いじゃありません。月1回の散髪後のヘッドスパが一番の幸せです。私が携わった記事がきっかけで、読者の方々の新しいアクションにつながればうれしいです。

頭髪の分け目は、頭頂部のつむじから生え際にかけて、髪の流れる方向を決める中心部です。左右に髪がはっきり分断されるため地肌が見えやすく、薄毛になるとその影響が目立つ部位です。

分け目のハゲは男女問わず悩む人が少なくありません。特に女性にとっては、分け目が目立つヘアスタイルを避けることになる大きな要因のひとつでしょう。

この記事では、髪の分け目の悩みを解消する方法を見ていきます。今回監修くださるのは、東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティである井上哲夫先生です。

監修者

  • 一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所
  • 所長 井上 哲夫
  • 1952年、東京生まれ
  • 東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社
  • ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、一般社団法人 国際毛髪皮膚科学研究所を設立
  • 育毛研究35年、専門分野に取材多数
  • 現在までに、全国各地のがん診療拠点病院及び7,000店以上の理美容店、その他各種医療セミナーで講演・指導実績あり

【資格】
生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)、医療機器販売・賃貸管理者及び修理業責任技術者、コスメコンシェルジュ(一般社団法人日本化粧品検定協会認定)

分け目ハゲとは!?

クシで分け目付近を整える男性

分け目ハゲとはその言葉どおり、頭髪の分け目を中心に薄毛が進行した状態を指します。もともと地肌をさらしやすい部位であるため、薄毛を周囲に強調しかねません。気がついたら放置せず、早めのケアがおすすめです。

分け目ハゲの特徴

分け目ハゲは、側頭部や後頭部よりも薄毛部分を隠しにくい箇所です。髪の流れを決める部位であるため、自然と髪が重力で左右に分かれ、薄毛を露出してしまいかねません。女性の場合、老けて見られてしまうようなこともあります。

また、女性はロングヘアーで髪が重く、分け目ハゲが強調されがちです。心配な場合は髪の分け目を意識的に変えるなどで対策する必要があるでしょう。

分け目ハゲができる原因

手鏡で髪の毛をチェックする男性

髪の分け目は、他の部位に比べて特有の薄毛要因を抱えています。日頃の自分の行動に起因するものがないか、順を追って確認してみてください。

①分け目は負担がかかりやすい

髪の分け目は地肌を露出しやすい分、日光の紫外線やドライやーの熱など外部刺激を受けやすく、頭皮に負担がかかりやすい部位です。自分で分け目を触るクセも、毛穴や頭皮にダメージを与える原因になっているかもしれません。

女性の場合、よくカラーリングやパーマをする人も少なくないでしょう。これらも頭皮への負担が大きい行為です。

また髪の毛は、分け目に沿って髪が引っ張られがちです。帽子やヘルメット、ヘアバンドをした際に、分け目の髪が必要以上に引っ張られる恐れがあります。思い当たる節がある人は、これ以上頭皮に負担をかけないために、今すぐにでも行動を改めていきましょう。

②AGA(男性型脱毛症)の可能性

どうも髪が細い…コシが無い…、これらは男性を中心に感じやすい症状です。このようなときはまず、AGA(男性型脱毛症)を疑いましょう(女性の場合はFAGA)。男性ホルモンの過剰分泌によって、正常な髪の発毛サイクルを阻害されている恐れがあります。

AGAについての詳細は「男性の薄毛・抜け毛の原因は?髪が生える基礎知識とセルフチェック法」の記事からご覧ください。

③頭皮環境が悪い

分け目ハゲの原因として、厳しい頭皮環境が考えられます。

例えば皮脂の過剰分泌で頭髪が束になり、透けて見えやすくなっている可能性があります。

加えて、毎日のシャンプーで皮脂を上手にかき出せていないかもしれません。指の腹を使った優しい指づかいで、皮脂汚れの8割を水洗いで取り除き、残り2割をシャンプーで洗い落とすイメージで頭髪を洗ってみましょう。

正しいシャンプー方法の詳しくは「シャンプーの仕方は考えている?正しい洗髪手順をご紹介!」から要チェックです。

④不摂生な食生活、睡眠不足

不規則な生活習慣も分け目ハゲにダメージを与えます。

脂っこい偏った食事は皮脂の過剰分泌を起こしやすく、睡眠不足は毛髪の成長を促す成長ホルモンの分泌を妨げます。喫煙、お酒の過剰摂取なども頭皮の血行に悪影響を与えます。

髪と食事の関係性については「育毛のための生活習慣改善!髪に良い栄養素を食材から効果的に取る方法」からご覧ください。

分け目ハゲを目立たなくする方法

人差し指を立てた女性の写真 「ポイント」イメージ

分け目ハゲは、分け目の部位だけが悩みのタネになりやすいです。逆に言えば、分け目の薄毛さえ目立たなくなれば(隠せれば)、悩みを解消できるとも考えられるでしょう。

ドライヤーで分け目を変える(主に女性)

女性の場合、男性に比べて髪が長いです。そのため、いつもの分け目を変えれば薄毛を隠すことができます。分け目を変える重要なタイミングは、お風呂上がりのドライヤーです。

髪の根っこがしっかり濡れて水分を持っていることを確認してから、ドライヤーの熱風で、いつもとは異なる方向から髪を乾かしていきます。熱風で髪を方向づけしてから、新たな分け目を設けます。最後に、冷風でヘアスタイルを仕上げましょう。

また、髪のボリュームを出してハゲを目立たなくさせる方法もあります。クシを用いて、髪を後方へ複数回とかします。後頭部からおでこに沿って、クシを左右ジグザグに動かしながら分け目を設けます。分け目に合わせて、髪を左右に整えていきましょう。

他にもフルバングやアップバングなど、分け目を気にせず楽しめる様々なヘアスタイルがあります。行きつけの美容室でもぜひ相談してみてください。

ヘアスタイルを短髪にする(主に男性)

薄毛専門美容室スヴェンソンのヘアカットによるビフォーアフター

※薄毛専門美容室スヴェンソンのヘアカットによるビフォーアフター

比較的頭髪が短い男性の場合、女性と対応が異なります。

男性の分け目ハゲ対策には、髪を短くすることで分け目の強調の度合いを軽くできます。また、通っている美容室のスタイリストに相談し、あなたの頭皮や頭髪のクセに合わせて分け目を変えるのも良いでしょう。

ただし、薄毛がかなり進行している場合、一般の美容室や床屋で薄毛を相談するのは恥ずかしいという方もいるかもしれません。そんな方は、薄毛専門の美容室に通うという方法もあります。

薄毛専門美容室「スヴェンソン」では、完全個室で、毛髪技能士の資格や理容師・美容師免許を持ったプロのスタイリストが、個々の分け目ハゲに最適なデザインカットを提案してくれます。

相談しやすい環境と薄毛に詳しいプロによるカット技術で、分け目ハゲをカモフラージュしてみましょう。初回は特別価格でサービスを受けることが可能です。詳しくは以下よりご確認ください。

増毛パウダーを使用する

分け目を隠す気軽な手段の一つが、「ふりかけ」などと呼ばれる増毛パウダーです。黒いパウダーを地肌にふりかけると、白い地肌が黒くなり、薄毛が目立たなくなります。

しかし、パウダーはシャンプーで洗髪するたびに取り除かれてしまうため、毎朝のセットが必要になります。また、急な雨などにも細心の注意が必要です。

増毛パウダーや増毛スプレーについては、以下の記事を参考にしてみてください。

増毛(結毛・ウィッグ)をする

スヴェンソンの編み込み式増毛(ウィッグ)によるビフォーアフター

※スヴェンソンの編み込み式増毛(ウィッグ)によるビフォーアフター

「パウダーのふりかけが面倒だ」という人におすすめなのが増毛です。

人工毛または自然毛を自身の毛髪に結びつけることで、一定のボリュームを実現できます(結毛法)。さらに発展してウィッグを利用する手もあります。

ウィッグには「バレる」「不自然」などのイメージが一般的にはあるかもしれません。しかし、どんどん技術も進化していて、自然で24時間着脱不要のウィッグもあります。なかでも代表的なのは、スヴェンソンの編み込み式増毛です。

このように、増毛といってもいくつか種類があるため、よく分からないという方もいるでしょう。そんな方には、以下の記事がおすすめです。増毛に関する疑問をクリアにして、自分に合う方法を考えてみましょう。

>>増毛の方法を徹底解説|デメリットから話題の増毛方法の紹介まで

AGA治療

AGAは進行性ということもあり、自身の努力のみで改善させるのが難しい症状です。皮膚科やAGAクリニックなどに通うことも検討してみましょう。見た目の変化に即効性はありませんが、根気よくお金をかけて取り組めば自然発毛を目指せます。

症状に合わせて、「フィナステリド」や「デュタステリド」などの飲み薬、「ミノキシジル」などの塗り薬の処方を受けられます。ただし健康保険が適用外で、クリニックによって処方される薬の種類や分量が異なります。

薄毛が進行しきってしまうと、完全な毛髪の再生は難しいものです。クリニック選びはくれぐれもご注意ください。

AGA治療経験者100名に満足度調査を行った記事も掲載しています。ご参考までにご覧ください。

まとめ:分け目ハゲは対処しやすい!

分け目ハゲは、頭頂部など髪の重さやつむじの影響でどうしても目立ちやすい部位に比べて、対処しやすい部位です。まずはヘアスタイルを変えるなど応急処置から始め、一体何が原因で薄毛になっているのか探っていきましょう。

薄毛を目立たせないヘアスタイルについて、ビフォーアフターの写真を見れる記事もあります。以下からご覧ください。

参考文献

https://www.jgs-media.com/item/18213/
https://monde.jp/blog/?p=11786

公開日:2020/09/23

シェアする
いいね!1 Star 2
Loading...