薄毛を隠したいなら坊主スタイル!坊主や短髪が似合う輪郭と刈り方のポイントとは?

株式会社スヴェンソン所属。毛髪技能士の資格を有する、髪のプロで構成された編集スタッフ。髪コトを通して、皆さまが抱える髪の悩みや不安、疑問を少しでも解決できるよう、分かりやすく情報を届けていくことを心掛けています。

最近は街中で坊主にしている人を見かけることが増えました。昔で言えば、坊主はお坊さんや高校球児のイメージが強く、あまり格好良いものとされていませんでした。

しかし、近年は坊主も格好良いヘアスタイルとして定着してきています。髪のセットなどの手間も少なく人気の坊主・短髪スタイルですが、実は薄毛対策としても効果があるのです。

そこで今回は、薄毛にとっての坊主や短髪のメリットとともに、これらの髪型が似合う輪郭やオシャレを演出するための刈り方のポイント、おすすめの美容室についてご紹介します。

薄毛対策として坊主や短髪にするメリット

坊主(短髪)の髪型の男性

薄毛に悩んでいる場合、坊主や短髪スタイルがもたらす大きなメリットは主に「薄毛を目立たなくする」「清潔感を出せる」「手入れが楽」の3点です。

坊主や短髪は「薄毛が目立ちにくい」

髪がたくさん生えている部分ほどボリュームや密度が出るため、それだけ髪の少ない部分との差がはっきりします。

それに対し、坊主や短髪は毛量の多い箇所と少ない箇所の境界があいまいになり、薄毛が目立ちにくくなるというメリットがあります。

最近は坊主や短髪といっても、ヘアスタイルの種類が多彩です。薄毛のタイプにも「M字部分が薄い」「頭頂部が薄い」のような違いがみられますが、それぞれの状態に応じたカット方法で対策することが可能です。

豊富なバリエーションのなかから自分に合った短髪ヘアが見つかれば、薄毛を目立たなくするだけでなく、オシャレも楽しめるでしょう。

坊主や短髪は髪が乱れず「清潔感がある」

坊主や短髪スタイルは、周りに清潔な印象を与える効果もあります。

生え際が後退しているからと前髪を長くすると、目にかかって暗いイメージを与えかねません。一方、思い切って額や耳を出せば全体にすっきりするので、見た目が明るくなります。

風や雨のときも、髪が乱れる心配はありません。髪を伸ばしていれば鏡でチェックする必要がありますが、そんな面倒もありません。

会社の同僚や友人とプールや温泉に出かけたときも、髪の乱れを気にすることなく楽しい時間を過ごせるでしょう。

坊主や短髪は「経済的で手入れも楽」

坊主や短髪スタイルは、長髪より手入れに時間がかからない点でもおすすめです。

髪が短ければ、シャンプー剤の量が減ったり、洗髪する時間が短くなります。シャンプーはすぐに洗い流せるうえ、濡れた髪も短時間のドライヤーで乾きます。翌朝、ひどいクセ毛や寝ぐせに悩まされることも減るでしょう。

坊主や短髪スタイルはいろいろと出費が抑えられるので、経済的な利点も大きい髪型といえるのです。

坊主や短髪スタイルが似合う輪郭とは?

ボウズが似合う輪郭、たまご型、ベース型、面長、四角、丸

髪コト編集部では、坊主や短髪スタイルのおしゃれを徹底的に研究してきました。髪型が同じでも、顔の輪郭によって印象は変わるものです。

それは坊主や短髪スタイルも例外でなく、どんな輪郭でも同じように似合うとは限りません。とくに坊主や短髪スタイルが似合うかどうかを左右する要素は、「あごのライン」と「後頭部」、そして「頭全体の形」です。

あごのラインが「シャープ」な人は坊主や短髪が似合う

坊主や短髪スタイルは、あごのラインがシャープな人ほど似合うといわれています。その理由は、あご骨の形がすっきりしたラインを描いていると、頭部や顔全体の輪郭がしっかり際立ち、バランスがとれるためと考えられています。

あごの形に自信がない場合は、ヒゲをうまく生かしましょう。

顔の上半分とのバランスを考えながらヒゲの長さを調整すると、あごのラインがシャープでなくてもある程度までカバーすることができます。

坊主とヒゲの組み合わせについては、以下の記事をご参考ください。

後頭部は絶壁でないほうが良い

ボウズにするさい、注意する必要がある絶壁の後頭部

坊主にする際、後頭部に関しては、絶壁でないほうが似合うかもしれません。

横からみたときに後頭部が丸味を帯びていると、正面以外の角度からでも見栄えがよいのです。つまり絶壁の場合、正面は似合っていてもほかの角度になると違和感を生じやすくなってしまいます。

とはいえ、自分は絶壁だからと坊主や短髪スタイルをためらう必要はありません。

あくまでバランスの問題であり、後頭部を丸刈りにせず髪に多少のボリュームを残して刈り上げれば、大して気にならないでしょう。

外出時には、帽子も絶壁をカバーするアイテムとして有効です。

卵型の頭部の形が理想的

ボウズが似合う、卵方の後頭部

頭全体は、一般的に卵型が理想的といわれています。あまりデコボコせず、全体が卵のように丸まっている形です。

坊主にすると頭の輪郭がすべて見えるので、きれいな丸形を描いた頭はとても魅力的に見えます。周りの視線をうまくそらすこともできるでしょう。

それでも、頭の形は卵型だけが魅力的というわけではありません。頭全体が卵型でない場合は、坊主にするときカットの仕方を工夫するという方法があります。自分の頭に合ったヘアスタイルであれば、十分に魅力を引き出してくれるものです。

なお頭の形によっては、いきなり自分で挑戦するとバランスが悪くなるかもしれません。最初は、美容室で相談しながらカットしてもらったほうが無難です。

坊主や短髪スタイルにカットするときのポイント

髪をカットする男性

薄毛の場合、ただ髪を短くしても目立たなくなるとは限りません。

薄毛対策として坊主や短髪スタイルにカットするときは、いくつか効果を高めるためのポイントがあります。

坊主と短髪の基本的な共通ポイント

薄毛を目立たなくさせる坊主や短髪スタイルに共通のポイントは、頭頂部を強調することです。

両サイドの髪にボリュームがあるとみる人の視線は自然と下がり、生え際などが視野に入ってきます。それに対し頭頂部に髪がまとまっていると視線は上に移動するので、髪が薄い部分への注目度も低くなります。

具体的には、サイドを短く刈り上げてトップは多めに残すスタイルが基本です。

これなら、サイドの生え際が後退していても問題ありません。頭頂部が薄くても、トップの髪を多めに残せば長く伸ばさなくても目立たない程度には隠せます。

薄毛のタイプごとのヘアカット時のポイント

多くの日本人男性にみられる薄毛のタイプは生え際が後退する「M字型」です。

このようなタイプの薄毛の男性は、サイドや後頭部の髪を3mmくらいまで短くすると、薄毛との境目が分かりにくくなります。

反対に頭頂部は12mmほどの長さを残してセンターに集めて前髪を立てれば、オシャレなソフトモヒカンの完成です。

頭頂部が薄いタイプだと、トップの髪をたくさん残すのは少し難しくなります。

それでも、できるだけ短くサイドと後頭部を刈り込むと、頭頂部にボリュームを持たせることが可能です。その際も、頭頂部の髪はほかより少し長めに残しておきましょう。

トップの髪を中央にまとめて立たせれば、頭頂部の薄毛もカモフラージュすることができます。

自分でカットするときの注意点

散髪代を節約するため自分でカットする場合は、長さに注意する必要があります。

全体の長さを均一にすると、髪が少ない部分は周囲より薄くなるケースが少なくないためです。これでは、かえって薄毛が目立ってしまいます。

またバリカンを使っても、慣れていないと簡単には上手にカットできません。きれいに刈り上げるためには、通常、ある程度の時間がかかります。

その意味でも、バリカンを使いこなせるまではプロにカットを頼んだほうが安心です。

坊主や短髪スタイルで薄毛をカモフラージュできる方法

スヴェンソンでヘアカットをした男性のビフォーアフター
薄毛だからといって、選ぶべき髪型は丸坊主一択しかないわけではありません。「薄毛専門の美容室」があることをご存知でしょうか?

有名な薄毛専門美容室スヴェンソンでは、おしゃれな坊主や短髪スタイルなど、薄毛を目立たなくするヘアカットサービスを受けることができます。

普通の美容室では恥ずかしくて、薄毛や抜け毛の悩みを言いづらい…ということもあるでしょう。スヴェンソンでは毛髪技能士の資格を有する薄毛に詳しいプロのスタイリストが在籍しており、薄毛や抜け毛の悩みなどを半個室のプライバシーが守られた空間で、人目を気にせずに相談することが可能です。

まずはオトクな初回価格で体験してみてはいかがでしょうか?詳しくは以下サイトよりご覧ください。

まとめ

坊主や短髪スタイルにすると、薄毛が目立たなくなるなど多くのメリットが見込めます。今では髪型もバリエーションが増えたので、いろいろオシャレを楽しむこともできます。

まずは、自分に合う髪型はどんなものなのか、丸坊主ではなくても短髪で薄毛をカモフラージュできるのか、「薄毛専門の美容室で相談してみる」という選択肢もあります。

薄毛に詳しい専門家のアドバイスで、薄毛のタイプに合うスタイルを見つけましょう。

参考URL

https://hagekatsu.com/hage-bouzu/
https://haerumo.jp/thin-hair-shaved-head-image/
http://hagelife.net/2018/08/06/post-1315/

公開日:2019/02/15

シェアする
いいね!1 Star 12
Loading...