薄毛を巡って婚約者と喧嘩!?あれから24年、今では円満な夫婦に

株式会社スヴェンソン所属。毛髪技能士の資格を有する、髪のプロで構成された編集スタッフ。髪コトを通して、皆さまが抱える髪の悩みや不安、疑問を少しでも解決できるよう、分かりやすく情報を届けていくことを心掛けています。

「増毛して、人生を変えたかった」

そう語る男性は、現在58歳。大学4年生の時に薄毛に気づき、それから進行が進んだという。20代なのに薄毛という自分が受け入れられず、増毛に踏み切ったそう。

しかし、最初に使い始めたカツラには不満ばかり。「外れたらどうしよう?」「不自然に見えるんじゃないか」と悩まされた。そんな男性の悩みが解決されることになった、地毛と編み込むカツラとの出会いの物語。

深刻な薄毛レベルに気付いたきっかけは床屋さんの反応から

頭皮マッサージ

正直、自分が薄毛になるなんて思ってもいなかった。大学1年生の時はあんなに髪の毛がふさふさだったのに…4年生になった途端、急に抜け毛が多くなった。就職した頃には額が広がり始め、頭頂部の薄毛が進行した。

もちろん、薄毛を対処しようとできる限りのことはやった。だが、どんなに育毛剤を付けてもマッサージをしても、一向に効果が感じられない。

そしてある日、床屋でスポーツ刈りを注文したのだが、「スポーツ刈りですか…それはやめた方が良い」というような目で見られ、薄毛のレベルの深刻さに気が付いた。

だからこそ、私はすぐに増毛が決断できたのだと思う。そのくらい、薄毛の自分が許せなかった。好きで薄毛になった訳でもないのに、若い人から「ハゲ」と言われるのが嫌で仕方なかった。本当は気にしなければいいだけの話。だが、当時の私はどうしても「自分が薄毛だ」ということが頭から離れなかった。

もちろん、増毛に期待していた部分もあった。「増毛すれば、もっと積極的になって新しい事にチャレンジしたり、異性とお付き合いできるんじゃないか?」とにかく、自分の人生や生活を変えたいという気持ちが強かった。

増毛によって生まれた新しい悩み…薄毛よりはましだけど

後頭部を押さえる男性

28歳になった私は、ついに増毛デビュー。大手カツラメーカーの金具式の製品を使い始めた。だが、今度は別の悩みが生まれた。

当時使っていた製品は人工毛で、自然な髪の毛ではなく違和感があった。自分が理想としていた「完璧な髪型」ではなかったのだ。加えて、着ける位置によってはいかにもカツラっぽく見える。更には、ホックがすぐ壊れたり、風が吹いても髪の毛がふわっと上がらず不自然で、気になる部分がたくさんあった。

それでも、薄毛よりはましだと思った私は結局、6年ほど使い続けた。その時はまだ、地毛に編み込むタイプのカツラがあるなんて、知らなかった。

私がこの新しい増毛を知るきっかけとなったのが、今の妻だ。

「増毛してたの!?」薄毛を巡る妻との大ゲンカ勃発

話し合う夫婦

妻とはお見合いという形で出会い、結婚することになった。だが、婚約した後もカツラを着けていることが、どうしても言えなかった。何も言わずに結婚しちゃおうと思ったこともあったのだが…。ある日、彼女に髪の毛を触られて「髪の毛、なんかごわごわしているね」と言われたのだ。「このタイミングで言うしかない!」そう思った私は、勇気を振り絞ってカミングアウトした。

当時の私は、まさか彼女が「薄毛の人と結婚したくない」と強く思っているなんて知らなかった。そして、いきなりの告白にショックを受けた彼女に「なんでお見合いした時に言わなかったの?結婚前に言うだなんて、私を騙そうとしたの!?」と責められた。

彼女の親戚はどうも、薄毛の人が誰一人としていないらしい。そのため、薄毛に対してあまり良い印象を持っていなかったのだ。しばらく連絡のない日々が続き、結婚破棄されることを覚悟していたが、ある日電話がかかってきた。そして彼女はこう言った。

「私はあなたの人柄が好きになったんだから、結婚する」と。

感じていたはずのものを感じなくていい。増毛の1番の魅力

ソファに2人で座る仲睦まじい夫婦

妻が編み込むタイプのカツラについて知ったのは、ちょうどその後だった。メーカーのチラシを見て、「これなら自然に見えるかも」と思ったらしい。妻はすぐ問い合わせてくれて、二人で相談しに行き、結婚式の直前に編み込むタイプの増毛をデビューした。

初めて着けてみた時、すごく驚いた。見た目がだいぶ良くなり、髪の毛が自然なだけではなく、運動中にずれる事もない。初めて増毛した後に感じていたストレスや不安が、一気になくなったのだ。妻からも「絶対こっちの方が良い」と言われ、満足している様子だった。

見た目の心配がないというのは、一番の魅力だと思う。

編み込むタイプのカツラは、そもそも着けていることが忘れられる。そのくらい、馴染みが良い。普段からカツラを意識することがないのは、今でもありがたいと思うばかりだ。そして、いろいろな意味で妻にも感謝している。

カツラを切り替えてから24年経った58歳の今でも、編み込むタイプのカツラを愛用中。将来的にはカツラの卒業を考えているが、それまではこのカツラで人生を楽しみたいと思う。


この物語に出てくる「編み込み式の増毛」はスヴェンソン。詳細は以下リンクからご覧ください。まずは気軽に無料体験!納得してから始められます。


 

シェアする
いいね!1 Star 2
Loading...