70歳でも現役フルタイム勤務。増毛から生まれる活力とは!?

株式会社スヴェンソン所属。毛髪技能士の資格を有する、髪のプロで構成された編集スタッフ。髪コトを通して、皆さまが抱える髪の悩みや不安、疑問を少しでも解決できるよう、分かりやすく情報を届けていくことを心掛けています。

20代後半で薄毛に気づき、数年後、金具式のカツラを作ったことがある。

でも、緩みが気になって使い続けることが出来なかった。

それでも、第一印象を良くしたいという気持ちは変わらず、編み込み式の増毛に変えた。

すると「薄毛だと忘れてしまうほど普通に生活が出来る」ようになり、仕事に邁進しながら大好きなスポーツも釣りも思い切り楽しむ時間を過ごしてきた。

それから26年。70歳を迎えた今も、若い頃と同じ気持ちで仕事に向き合い「いつか、何もない島で過ごしてみたい」という夢を描いている。

70歳でもフルタイム勤務の活力に

欄干に寄りかかる男性

昨年70歳を迎えたが、今もフルタイムで働いている。社長からも「まだまだ続けてくれよ」なんて、嬉しい言葉をかけてもらっている。

ずっと勤めてきた職場は、同じメンバーで変わらない。みんなで年を重ねてきた。中には急に老け込んでしまった仲間もいるが、私自身は若いころと同じ気持ちで過ごしている。それも増毛のお陰だろう。もし、あのときに決断をしていなかったら、きっと見た目もやる気も、いろいろと変わっていたはずだ。

「第一印象を良くしたい」という心理と最初のカツラ

そんな私が薄毛だと気になったのは、20代後半のころだった。抜け毛が急に増えたのだ。とくに、洗髪のときはひどかった。明らかに抜け毛が多く、タオルドライをすると大量の毛がついていた。

手のひら

30代に入ると、さらに量が増し「これはヤバい…」。そう感じて、市販の育毛剤などを試したが、なかなか効果を感じることが出来なかった。同世代を見ればしっかりと髪があるから、自分だけ「若いのに髪がない」という状態はなんとしても避けたかったし嫌だった。それに、初対面での印象を良くしたい気持ちも芽生えていた。

そこで、増毛を考えた。当時は今のように情報がすぐに手に入らない時代だ。だから電話帳で調べた近所のメーカーでカツラを作ることにした。

書類と受話器

だが、そこの製品は金具式。もともと体を動かすのが好きで、スポーツなどでアクティブに過ごすことが多かったから、どんなにしっかりと止めていても動くと緩むのが気になった。さらに汗もかくので、不安が消えなかったのだ。

次に出会ったカツラが運命の節目に

そこで、別のメーカーでの増毛を考えるようになった。「いつも気にならないことと、日常生活に心配がないこと」を条件に探してみると、編み込みタイプの増毛があると知った。確か、雑誌の広告を見たんだと思う。

そこで連絡をしてみると「きちっと編み込む」と教えてくれた。もちろん、半信半疑な部分はあったものの、金具よりは安心だし一回一回外すわけでもない。不安はなくなると感じたことは大きかった。

実際に体験してみると、最初は「ちょっときついかな」と違和感を感じたが、すぐに自分の髪の毛のようになっていた。するといつの間にか、あれだけ気になっていた髪のことを、全く気にしていない自分に気づく。本当に地毛のようだった。

野球でもイカ釣りでも、何でも来い!

以前はあんなに嫌だった海風や強風も全く気にならない。洗髪も楽だし、行きにくかった旅行も積極的に出かけるようになった。ソフトボールや野球で、激しく走っても問題がなかったし、イカ釣りで悪天候の海に出ても、本当に平気だったのには驚いた。まるで自分の髪の毛のようで、普通の人と同じように普通に生活が出来るから、ついつい安心をして、激しいスポーツも釣りも出掛けてしまうのだ。

漁船

そんなふうに意識をしなくて済んだから、前向きに明るくなったと思う。心配がなくなって、自然と気持ちも変わっていった。それから26年。今は製品も改良され、よりフィット感も増し、ムレることもない。増毛を始めたときに「この製品があったら良かった」と感じるほどに大満足だ。

だからこそ、これからも仕事をがんばって、いつか、なんにも無い島で、自給自足で1週間くらいのんびりと生活をしてみたいという夢を抱いている。


この物語に出てくる「編み込み式の増毛」はスヴェンソン。詳細は以下リンクからご覧ください。まずは気軽に無料体験!納得してから始められます。


 

シェアする
いいね!1 Star 1
Loading...