薄毛対策におすすめの「フリカケ式」増毛!そのメリット・デメリットとは?

分け目を気にするミドル男性

「薄毛や抜け毛が気になるので、より手軽な薄毛対策を知りたい」という声にお応えするため、ここでは、いくつかの薄毛対策・増毛方法を比較していきましょう。また、即効性のある方法として「フリカケ式」増毛についてもご紹介していきます。「フリカケ式」増毛のメリット・デメリットとともに、数種類のメーカーの商品についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

薄毛が目立つ部分への対策方法とは

薄くなってしまった分け目や毛の隙間が目立つようになった部分への対策方法には、育毛と増毛の2つがあります。自前の髪の毛を増やす方法が「育毛」です。薄毛の根本的な問題にアプローチしていくので、効果があればそれにこしたことはありませんが、長期戦は覚語しなければならず、確実に効果を実感できるかどうかもわかりません。

対する「増毛」は、自前の髪以外のもので髪を増やす方法です。分け目の目立つ部分、薄くなった部分に髪が生えているように見せられるので、即効性があります。次に、「増毛」方法の中でも代表的なものを挙げていきましょう。

1)結毛式増毛法

結毛式増毛

出典 https://www.mens-svenson.net/service/myhairplus

自分の髪の根元に人工の髪を数本ずつ結びつける方法。通気性がよく、普段の生活にも支障がありませんが、髪の毛に負担がかかるのがデメリットです。

2)編み込み式増毛法

ヘアウィービングシステム

出典 https://www.mens-svenson.net/service/linestyle/

特殊な糸を使って頭部全体を覆う土台をつくり、そこに人工の髪を編み込んでいく方法です。自分の髪の毛に負担をかけず、通気性もよい一方、月1回のメンテナンスが必要になります。

3)接着式増毛法

接着式増毛

出典 https://www.datsumousyou-wig.net/spothair.html

薄いシートに植え付けた人工毛を頭皮に貼り付ける方法です。髪の毛がない部分でも増毛できますが、蒸れたり炎症を起こしたりする可能性もあります。

4)「フリカケ式」増毛

ふりかけ式1

出典 https://www.ruan.co.jp/store/products/detail.php?product_id=4

薄毛が気になる部分にパウダーをふりかけ、1本1本の髪を濃くかつ、太く見せる方法です。自毛や頭皮に黒い粉をふりかけるだけの手軽さで、通販などでも手に入れることができ、費用も抑えられます。すぐに効果を実感できるという意味でも、初心者におすすめの増毛法です。

「フリカケ式」増毛の特徴

ふりかけ式2

出典 https://www.ruan.co.jp/store/products/detail.php?product_id=4

いくつかの増毛方法の中でも、「気軽に試せる」「費用が安い」「すぐに効果を実感できる」といった理由でおすすめなのが、「フリカケ式」増毛です。これは、髪にパウダー状にした特殊な繊維を付着させ、ボリュームアップしたように見せるもので通販などでも手に入る気軽さが人気の理由です。使い方は、非常に簡単で薄毛の気になる部分にパウダーをふりかけ、さらにスプレーをふきつけてパウダーを固めるだけ。手軽に使えて、洗い流すのも簡単なのが特徴です。

数多くの「フリカケ式」増毛が販売されていますが、その価格は数千円程度ですので、費用面での負担も大きくありません。選ぶ際は、自分の髪の色に合ったものを選ぶようにしましょう。

「フリカケ式」増毛の3つのメリット

では、「フリカケ式」増毛のメリットをまとめて解説していきましょう。

●自宅で簡単にできる手軽さ

「フリカケ式」増毛の最大のメリットは、その即効性と手軽さにあります。気になる部分にパウダーをふりかけ、スプレーでパウダーを固めるだけですぐに効果を実感でき、サロンやクリニックなどに足を運ぶ必要もありません。思い立ったときにすぐに使えるのは大きなメリットです。

●比較的価格が安い

他の増毛方法に比べて、「フリカケ式」増毛は費用面での負担が大きくないのもメリットです。一般的なものは数千円程度で手に入れることができ、1本で数ヵ月は持ちます。通販などで気軽に購入できるのもうれしいポイントです。

●簡単に洗い落とせる

「フリカケ式」増毛を落とす際は、専用のシャンプーなどの必要がありません。市販のシャンプーで十分に洗い落とせます。パウダーを静電気で付着させているだけなので、頭皮への負担が少ないのもメリットの一つです。

「フリカケ式」増毛の3つのデメリット

次に、「フリカケ式」増毛のデメリットを3つにまとめました。

1)洗髪のたびにふりかけるわずらわしさ

「フリカケ式」増毛を使う場合、髪を洗うたびにスプレーし直さなければならないのが手間だと思う人もいます。かつらや植毛などとは異なり、毎朝繰り返しケアする必要があるというのは、デメリットの一つといえるでしょう。

2)ある程度は自前の髪が必要

「フリカケ式」増毛は、自前の髪にパウダーを付着させ、1本1本のボリュームを増やしていきます。そのため、自前の髪がある程度なければ使うことができません。

3)水や雨、汗などで流れやすい

「フリカケ式」増毛の弱点は、水に弱いこと。雨が降ったり、大量の汗をかいたりすると落ちてしまう可能性があります。最近では、水分に強い商品も販売されていますので製品ごとに確認してみてください。

増毛パウダーの商品おすすめラインアップ4選

世間に数多く流通している「フリカケ式」増毛の中から、おすすめの商品を4つピックアップしてご紹介しましょう。

1)スーパーミリオンヘアー

「スーパーミリオンヘアー」は、1986年の発売以来世界70ヵ国以上で販売され、実績を伸ばしている「増毛パウダー」の代名詞です。カラーも多く、14色から選べるので、自分の髪と自然に合わせられます。まずは、スーパーミリオンヘアーをふりかけることで、特殊な加工が施された植物系抗菌繊維が髪に付着し、髪1本1本をボリュームアップできるのが特徴です。さらにスーパーミリオンヘアミストをスプレーすれば、パウダーをしっかり定着させることができます。

スーパーミリオンヘアー
出典 https://www.ruan.co.jp/feature/

2)ヘアプラススピードE

光触媒作用による抗菌・消臭効果があるパウダーと、その塗布量を自在にコントロールできる独自の形状が特徴です。「フリカケ式」増毛で、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色展開です。

ヘアプラススピードE

出典 http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/speedep.aspx?referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

3)アートミクロンプラビ パウダー

「パフ式」増毛ヘアパウダーなので、パフを使う回数で塗布量をコントロールしていきます。汗をかきやすい人やオイリー肌の人は、パフを清潔に保つよう気をつけてください。

アートミクロンプラビ パウダー

出典 https://ec.artnature.co.jp/shop/g/g564310/#landbuy

4)マジックパウダー

広い範囲にふりかけられる「ワイドノズル」とピンポイントで狙える「おしゃれノズル」から選べる増毛ヘアパウダーです。ボトルは、手になじみやすい形状で、カラーは5色展開です。

マジックパウダー

出典 http://magicpowder1.com/

まとめ

薄毛・抜け毛対策にはさまざまな方法がありますが、「すぐにでも効果を実感したい」という方には、使った瞬間から髪の毛がボリュームアップしたように感じられる「フリカケ式」増毛がおすすめです。あくまでも一時的な増毛法ですが、手軽で便利、安価、身体に優しく落としやすいといったメリットがあります。

「毎日ケアしなければならない」「雨や汗に弱い」といったデメリットがあるものの、メリットと比較してみると、試してみる価値はあるはず。ここでは、4つの商品を挙げ、その特徴もご紹介していますので、ぜひ手にとってみてください。

参考URL

https://mens-skincare-univ.com/article/007611/
https://style-hack.tokyo/life/mashike-spray/
http://plantel.biz/column/?p=507
http://koubin.watson.jp/wealthy/furik45/

シェアする
いいね!1 Star 2
Loading...