M字ハゲの治療にフィナステリドは効果あるの?副作用や必要な期間

個人事業主としての経験と確かなエビデンスを元に、ビジネス・ IT ・美容・健康と、多くのジャンルの記事を執筆するフリーランスライター。難しい内容や専門用語を多く使うものを幅広い視野で読み解き、わかりやすい言葉に変えてみなさまにお届けしています。
健康的な肌や元気な髪は、男女問わず自信や魅力に繋がると考え、自身も保湿ケアや頭皮ケアに励んでいます。目指すは、見た目年齢マイナス 10 歳! 当サイトでは、育毛・発毛のために役立つ情報をしっかり発信できればと思います。

フィナステリドは、代表的なAGA治療薬です。名前はよく耳にするものの、額の左右から薄毛が進行するM字ハゲにも効果はあるのかを疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、フィナステリドについて詳しく解説するとともに、M字ハゲに対するフィナステリドの効果や、フィナステリド以外でM字ハゲの改善・対処を行う方法もご紹介します。

効果的な薄毛対策に取り組むためにも、フィナステリドを正しく理解しておきましょう。

監修者

竹内想プロフィール画像
  • 皮膚科医 竹内 想
  • 国立大学医学部卒業
  • 市中病院にて内科・救急・在宅診療など含めた診療経験を経て、大学病院に戻り皮膚科医としてクリニックでの外来や臨床研究を行う
  • AGAを含めた、自由診療の治療にも多く携わってきた経験を活かし、皮膚科の知識について、正確さやわかりやすさを心がけた情報発信を行っている

【資格】
医師免許

※本記事の医師監修に関して、学術部分のみの監修となり、医師が具体的なクリニックや施術や商品等を推奨しているわけではございません。

M字ハゲの治療で服用される「フィナステリド」とは?

AGA治療薬には、いくつか種類があり、内服薬や外用薬といった薬の種類に加えて日本国内での承認・未承認の状況も異なります。ここでは、フィナステリドがどのような治療薬なのか、基本的な情報をご紹介していきます。

フィナステリドとは?

フィナステリドの化学式

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。アメリカのメルク社によって開発された「プロペシア」は、フィナステリドの代表的なもので、日本ではMSD株式会社から販売されています。

フィナステリドは、1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局=Food and Drug Administration)によって承認され、現在でも世界各地で広く使用されています。日本国内においては、2005年に、厚生労働省から認可を受けました。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが代謝されて生じるDHT(ジヒドロテストステロン)によって悪化します。フィナステリドはこの代謝に関わる酵素(5αリダクターゼ)を阻害することで、DHTの産生を抑制し、薄毛を改善します。

フィナステリドは、医療用医薬品にあたるため、入手・使用するためには、医師の診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。場合によっては、フィナステリド錠「サワイ」、フィナステリド錠「ファイザー」など、「プロペシア」のジェネリック医薬品を処方されることもあります。

フィナステリドの種類

「フィナステリド」を含むAGA治療薬には、大きく分けて「プロペシア」と「フィンペシア」があります。有効成分や作用において、大きな違いはありませんが、「フィンペシア」は国内未承認の薬であるため、入手する方法は個人輸入やネット通販となります。

個人輸入やネット通販の場合、偽造薬を買ってしまう危険性があるため、自己判断での購入・服用には大きなリスクが伴います。確実に本物であれば問題ないように思えるかもしれませんが、国内未承認の薬を使用した場合、健康被害が出ても、「医薬品副作用救済制度」を利用できません。副作用による健康被害の治療費が、すべて自己負担になるリスクもあります。

フィナステリドとデュタステリド・ミノキシジルの違い

フィナステリド以外のAGA治療薬としては、「デュタステリド」や「ミノキシジル」などが代表的です。使用方法で分けると、フィナステリドとディタステリドは内服薬(飲み薬)、ミノキシジルは主に外用薬(頭皮への塗り薬)として使われています。

それぞれの効果や副作用、効果を感じられるまでの期間は、薬によって異なります。内服薬であるフィナステリドと、外用薬であるミノキシジルが併用されることも少なくありません。

フィナステリドとディタステリドは、女性への薄毛治療効果は確認されておらず、ホルモンに悪影響を及ぼすため、いずれも女性は使用不可です。また、ミノキシジルは男女共に使用できますが、妊娠中または妊娠の可能性がある女性の使用は注意が必要なため、必ず医師に相談してください。

また、どのAGA治療薬にも、稀に性欲減退や肝機能障害といった副作用が出る可能性があります。万が一のリスクに備えるためにも、専門クリニックや病院で受診し、医師から投薬治療のメリット・デメリットの説明を受け、治療内容もしっかり確認しておきましょう。

投薬治療は、肝臓を含む内臓に影響を与える可能性もあるため、来院してすぐに治療開始になるとは限りません。初診では、問診や必要に応じて血液検査などで健康状態をチェックされます(会社の検診などを定期的に受けている方では血液検査を行わないこともあります)。

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの効能や副作用、費用についての比較は以下の表をご覧ください。

  フィナステリド デュタステリド ミノキシジル(内服薬) ミノキシジル(外用薬)
医薬品名 プロペシア、フィナステリド ザガーロ、デュタステリド ミノキシジル
薬の効能 5αリダクターゼ(Ⅱ型)の働きを阻害、抜け毛を防ぐ 5αリダクターゼ(Ⅰ型・Ⅱ型)の働きを阻害、抜け毛を防ぐ 血管拡張、毛乳頭細胞の増殖・毛乳頭細胞からつくられる「発毛因子」の産生を促進し、発毛を促す
副作用 勃起機能障害(ED)
性欲減退
精液量の現象
肝機能障害
勃起機能障害(ED)
性欲減退
精液量の現象
肝機能障害
全身の体毛の像が
むくみ
動悸・息切れ
めまい・立ちくらみ
肝機能障害
効果を感じられる
までの期間
半年~1年 3か月~1年 3か月~半年
費用の相場 約4,000~8,000円 約8,000~10,000円 約6,000~11,000円 約6,000~13,000円

※複数店舗展開している5つのクリニックの薬別費用を参考にしました
※2022年7月時点で各クリニックの公式サイトに掲載している費用を集計しました。
※初診料や初診にかかる血液検査費、薬の配送料は除いています。
※2回目以降は初回より安い金額となる場合は、2回目以降の金額で集計しました。
※初回のみ限定価格で安い金額の場合は、2回目以降の金額で集計しました。
※ジェネリック医薬品が選べる場合は、ジェネリック医薬品を利用した場合の価格で集計しました。
※クリニックオリジナルの各成分含有治療薬のみ処方している場合には、オリジナル治療薬の費用で集計しました。

フィナステリドの服用で期待できるM字ハゲの改善効果

ここでは、フィナステリドによるM字ハゲ改善効果や、効果が表れる期間などをご紹介します。

M字ハゲをセルフチェックしたい方は、「【監修記事】M字ハゲってどういう状態のこと?原因や対処法を解説」も合わせてお読みください。

期待できる効果

薄毛を気にする男性のイラスト

フィナステリドは、毛周期(毛が生成されてから抜けるまでの周期)を正常に戻す働きがあるため、投薬治療を続ければ、M字ハゲの進行を食い止める効果が期待できます。

一方、すでに髪の毛を失った生え際を発毛させることは難しいといえます。M字ハゲの生え際に対しては、発毛促進の効果が期待できるミノキシジルと併用されることもありますが、発毛促進の効果には個人差があり、フィナステリドとミノキシジルを併用すれば、必ず生えてくるというわけではありません。

AGA治療薬の副作用についてさらに詳しい内容を把握しておきたい方はこちら、「【監修記事】AGA治療にも副作用はある?肝臓に影響あるって本当!?」の記事も合わせてお読みください。

効果を感じるまでにかかる期間

フィナステリドの効果を実感するためには、一般的に、半年~1年ほどの服用期間が必要です。薄毛の状態や頭髪の状態は人それぞれ違いがあり、効果の感じ方や、表れ方には個人差があります。

また、AGAの治療に即効性はありません。1カ月程度で「髪にボリュームが出てきた」といったことはなく、継続して服用することで、少しずつ効果を発揮していきます。

加えて、M字ハゲを含むAGA(男性型脱毛症)は、進行性の症状であり、遺伝的な要素もあるため、根本的な治療は困難です。経過を見ながら、現状を維持できるよう治療するなど、目的を明確に定め、自身の求める理想の毛量やヘアスタイルを事前に設定しておきましょう。

M字ハゲ含むAGA治療のタイプ別にかかる期間を知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

フィナステリド以外でM字ハゲの改善・対処を行う方法

M字ハゲを気にする男性の画像

ここからは、生活習慣や食習慣など日常生活におけるM字ハゲの改善方法をご紹介します。フィナステリドを使う場合も効果的な対策のため、薄毛に悩んでいる方はできるだけ早めに取り組んでみてください。

生活習慣を見直す

まずは、抜け毛の原因となる頭皮・毛髪へのストレスを軽減する生活習慣を意識しましょう。栄養バランスの良い食事は、毛母細胞に栄養を送ることにつながり、髪の成長を助けます。5大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取できるメニューを意識しましょう。

食事だけで摂取するのが難しいようなら、サプリメントを活用してみるのもよいでしょう。栄養の偏った食事や睡眠不足は、頭皮環境を悪化させたり、髪の成長を妨げたりするため避けてください。

加えて、適度な運動やストレッチを定期的に行うことで、血流を良くするだけでなく、心身ともにストレスをためないようにするのもおすすめです。

頭皮をマッサージする

頭皮マッサージは、頭皮の血行促進をサポートしてくれます。シャンプー時やお風呂上り、就寝前や起床後などに、頭皮やおでこ、眉、顔などをマッサージして、血流を促し、頭皮ケアやヘアケアをしましょう。指先や指の腹を使って、頭皮を押す、側頭部から頭頂部に向かっても揉み上げる、といったマッサージがおすすめです。

育毛剤・発毛剤を利用する

育毛剤・発毛剤と呼ばれるものは医薬部外品や医薬品として厚生労働省が認可した、効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているものを指します。

育毛剤は予防的観点から今ある髪を「維持する」ための改善効果が期待でき、効果の実感には少なくとも3カ月程度かかると言われています。一方、発毛剤は髪の毛を「生やす」効果が期待でき、効果の実感には2カ月~8カ月程度かかると言われています。ただし、発毛剤には副作用のリスクもあり、育毛剤・発毛剤どちらの場合も継続的な使用が必要です。

どちらを選ぶ場合でも、育毛剤と発毛剤の効果の違いをしっかりと確認したうえで、医薬部外品や医薬品として効果効能が認められた商品を選ぶようにしましょう。

部分的な増毛を行う

時間をかけず、すぐにでも髪を増やしたいのであれば、増毛という選択肢もあります。

スヴェンソンの「マイヘアプラス」では、増やしたい場所のみ地毛に人毛(または人工毛)を結び付ける、ピンポイントの増毛が実現できます。M字ハゲなど部分的な薄毛が気になるという方におすすめです。

スヴェンソンは男性専用・完全予約制・完全個室なので、安心して薄毛に関する悩みを相談することが可能です。詳しくは以下をご覧ください。

その他にもスヴェンソンでは、特許技術である編み込み式増毛(スヴェンソン式増毛法)によって、一人ひとりにあった髪のボリュームアップを提供しています。編み込み式増毛法なら、ウィッグは24時間着脱不要で外れたりズレたりする心配はありません。

ウィッグのズレを気にせずやりたいことを思いきり楽しみたい方は、無料体験から試してみましょう。

フィナステリドはM字ハゲにも効果が期待できる医薬品

フィナステリドの効果を期待している男性の画像

フィナステリドは、医療用医薬品にあたるため、入手・服用には医師の処方箋が必要です。AGA専門クリニックに通院するか、スマホからオンライン診察を受けるといった方法もあります。

フィナステリドは、M字ハゲの進行を遅らせる効果が期待できますが、発毛促進の効果まで求めるならば、ミノキシジルとの併用が必要です。それでも効果の表れ方や、効果を感じるまでの期間には個人差がありますので、普段の生活週間や食習慣を改善し包括的なM字ハゲ対策を行っていきましょう。

参考文献

髪コト「AGA治療費の平均相場は?費用・時間・満足度を徹底調査
髪コト「育毛剤の効果とは?副作用は大丈夫?正しい選び方と使い方
髪コト「【実態調査】育毛剤・発毛剤は実際に効果がある?ユーザーの満足度は?
髪コト「発毛促進の方法とは?確実に髪の毛が生える方法はあるの?

シェアする
いいね!1 Star 0
Loading...